コマーシャルで知名度も高い消費者金融でお金を借りる

テレビを見てみると、しばしば消費者金融のコマーシャルも宣伝されています。

 

消費者金融は一昔前までサラ金といって、どうしてもダーティーなイメージがありました。

 

しかし若者を中心に消費者金融に対してネガティブなイメージはなく、手軽に借り入れできると支持は高いです。

 

消費者金融でお金を借りる方法について紹介していきます。

 

 

消費者金融の特徴

消費者金融の現状を見てみると、およそ1300万人が利用しているといわれています。

 

日本人10人のうち1人以上が利用している計算になります。これだけポピュラーな存在になっています。

 

消費者金融の特徴は、お金に少し困った時に手軽に借り入れできるところにあります。銀行もだいぶ改善されていますが、申し込んだ当日に審査結果の出ないものも多いです。

送料2

 

しかし消費者金融の場合ほとんどのところが、原則即日審査です。

 

しかも申し込みのタイミングが早ければ、即日融資といってその日のうちに借り入れができます。

 

急な出費で持ち合わせがないといった場合でも、消費者金融に申し込めば、とりあえず必要なお金を確保できるのが特徴です。

 

お金を借りた場合、借りたお金を返済するほかにも利息の支払いもしなければなりません。

 

しかし一部消費者金融の中には、無利息キャンペーンといって一定期間で返済すれば一切利息のかからないサービスを実施しているのが特徴です。

 

無利息期間内に全額返済できれば、利息を一切支払う必要がありません。こちらも消費者金融でお金を借りる人の多い理由の一つです。

 

 

消費者金融でお金を借りる方法
  • 商品

消費者金融とは、基本的に個人向けの小口融資を中心とした商品を提供しています。

 

一般的に最高300万円まで、大手でも500万円までの融資に対応しています。

 

消費者金融でお金を借りるにあたって、担保や保証人をつける必要はありません。その人の信用力を担保にして融資する形になります。

 

消費者金融は「ノンバンク」と呼ばれることもあります。融資を行っていますが、銀行のように預金や為替などの業務は取り扱っていません。

 

また銀行の場合は銀行法に則った営業をしなければなりません。一方消費者金融は貸金業法のルールに基づき営業活動を行うのも銀行との違いです。

 

  • 手順

消費者金融に借り入れの申込をする方法はいろいろとあります。

 

パソコンやスマホなどを使ってのWEB申込、店頭、電話などがあります。

 

また消費者金融は大手を中心として、自動契約機を使った手続きも含まれます。

 

無人のブースで、中に申し込み用の機械が設置されています。そこで申し込みから契約までの一連の手続きを完了できます。

 

もし審査通過して契約すれば、その場でローンカードが発行されます。そしてそのカードを使ってすぐに借り入れができます。

 

カードを使った借入のほかにも、銀行振り込みで必要なお金を借り入れることができます。

 

申し込みから契約まですべてWEBで手続きできるような消費者金融もあります。

 

消費者金融の場合、申込時来店する必要の一切ないところが多いですね('ω')ノ

 

 

消費者金融カードローンの審査基準
  • 厳しさ

消費者金融は借りやすさにあります。銀行でもパートやアルバイトのような人でも融資しているところもあります。

 

しかし年収200万円以下の人には厳しいとされています。

 

一方消費者金融の場合、年収200万円以下のパートやアルバイトの方でも安定した収入があれば、借り入れが可能なケースも多いです。

 

パートやアルバイトのような収入のあまり多くない人でも、消費者金融は融資してくれる可能性が高いです。

 

銀行カードローンの審査に落ちた人でも、消費者金融の審査は通過できたケースも少なくありません。銀行と比較すると、審査の難易度は優しいといえます。

 

消費者金融の審査は銀行と比較してスピーディです。

 

即日審査が基本で、最短30分程度・かかっても申し込んでから1時間も経過すれば結果が通知されるでしょう。

 

銀行も審査スピードはだいぶ速くなりましたが、消費者金融のほうが一枚上手です。

 

  • チェック項目

消費者金融の審査基準は公開されていません。しかし一般的にはスコアリングシステムによって判断されます。

 

スコアリングシステムとは

申し込んだ人の年収や勤務形態、勤続年数などで属性分けをします。

 

それぞれの属性には点数が設けられていて、合計点が消費者金融の設定している基準を超えれば審査通過となります。

 

スコアリングは過去の消費者金融の融資実績に応じて、信用力のある人・ない人の属性データに基づき実施されます。
しかもコンピューターで判定するので、消費者金融の審査はスピーディです。

 

そのほかには信用情報の照会も実施します。

 

ほかに借入先があるかどうか、事故情報などの問題のある項目がないかチェックします。

 

スコアリングデータと信用情報の両方を検討して、融資可能かどうかの判断をします。

 

 

消費者金融で借りるときの注意点

消費者金融は前に紹介したように、貸金業法に基づき融資をしています。

 

貸金業法の中で注意しなければならないのは、総量規制のルールのあることです。総量規制とは、その人の年収の1/3を超えて融資してはならないというものです。

 

消費者金融では、例えば年収240万円の人は1/3の80万円を超えて借り入れはできないので注意しましょう。

 

また専業主婦の方は、自分の所得はゼロでしょう。総量規制のルールに基づくと、専業主婦は収入がないので借り入れができません。

送料

 

総量規制は配偶者貸付といって配偶者に所得があれば、その1/3までは本来融資可能です。

 

しかし手続きの煩雑さから、大手消費者金融を中心として専業主婦には融資を実施していないところが多いです。この点も注意しましょう。

 

ただしパートタイマーなどでも仕事をしている主婦であれば、1/3を上限として借入はできます。

 

また借入希望額が50万円を超える・他にも借り入れがあって今回の新規申し込みで合計100万円を超える場合には、収入を証明する書類を提出する必要があります。

 

給与所得者は給与明細や源泉徴収票・自営業者は確定申告書の控えなどが必要になりますので、注意しましょう。

 

 

消費者金融はこんな人におすすめ

消費者金融の魅力は、なんといっても借り入れまでの手続きのスピーディさです。

 

午前中に申し込みをして、夕方会社を出るころまでには自分の口座に必要なお金が振り込まれるといったことも可能です。

 

急な出費で持ち合わせがない、すぐにでも現金が必要という人に消費者金融はお勧めです♪

 

また仕事などの関係で、平日の日中に店舗へ行って手続きの出来ない人もいるでしょう。消費者金融はWEBなどで来店なしでも手続きは完了します。

 

24時間好きな時に申し込みできるのも、忙しい人にとっては魅力です♪

 

 

消費者金融といわれると、昔のサラ金をイメージして利用することに抵抗のある人もいるでしょう。

 

しかし消費者金融は大手を中心としてほとんどのところが貸金業法に基づく、まっとうな融資を実施しています。

 

近年ではグレーゾーン金利が撤廃され、利息制限法に基づく利率設定にしています。

 

高くても金利は20%・大半の消費者金融は上限金利でも18%前後の金利にしています。

 

消費者金融は高利ではないかと思っている人もいるかもしれません。銀行と比較すると金利は高めですが、借金が雪だるま式に膨らむほどの高い金利ではないです。

 

日割りで利息は計算されるので、早めに返済をすればそれほど利息もかかりません。

 

今すぐお金を借りたいと思っているのであれば、消費者金融の利用も検討してみるといいでしょう。