便利な反面、危険要素もたくさん!

時代とともに機材は進化していきます。何事も便利になるように考えていくからです。そのひとつが電話でしょう。

スマショ2

 

固定電話から携帯電話となることでいつでも連絡がつくようになり、さらにパソコンの延長としてのスマホでは、何をするにも場所を問わなくなってきています。

 

これは、何も電話だけではなく、サービスの面でも境界線があいまいになってきているといえるでしょう。

 

そのため、現代では借入れにおいてもスマホや携帯でできるようになっているのです。

 

スマホや携帯からお金を借りる

少し前では、携帯電話でのインターネットの利用というものは、非常に限定されたものでした。これは、機能として電話をすることから派生したものだからです。

 

ところがスマホが登場してからは、携帯電話も驚くほど進化を遂げたといえるでしょう。

 

スマホは、携帯電話と性質が異なります。PDAと呼ばれた端末が進化し、携帯電話としての機能を持つようになりました。これが大きな違いであり、すでにノートパソコンのような機能さえ獲得しています。

 

携帯電話自体の進化も進んだ結果、両者の違いは端末以外で感じることができないほどになったといえるでしょう。

 

企業としても、こうした利便性を逃すことはありません。貸金業者などはいち早く導入し、手軽に借りてもらえるように対応していきました。

 

現在では、銀行などの金融機関でも利用ができるように進められ、ネットバンクも活用できるようになってきたのです。

 

非常に便利である一方で、いろいろと気を付けなければいけないことも出てきたといえるでしょう。

 

お金を借りるということで考えた場合、どこでも借りることができる利便性は、驚くほど高いものです。出先であっても、突然お金が足りないときには、スマホや携帯から操作するだけで入金されます。

 

また、誰でもわかりやすく作られており、操作も簡単です。インターネットを活用するのですから、24時間利用可能で、いつでも好きな時に利用できるため、だれかに見られたりすることもありません。

 

スピードが速いというだけではない、驚くほどの利便性を獲得したといえます。

 

 

手軽で便利で素早い

借入れをするということは、自分が望む時間までに手続きをするということです。手続きをするのに、今まで通りではあまりにも手間がかかります。

 

この手続きが、スマホや携帯でできるようになったのは大きなポイントです(^_-)-☆

 

インターネットを使うことによって、簡単にアクセスすることができ、申し込みもその場で行うことができます。申し込みに関しても、アナウンスがあるため、音声に合わせて操作をしていけば迷うことはないでしょう。

 

パソコンを使って申し込むのとほとんど変わらない利便性を、スマホや携帯に合わせているといえます。操作も直感的であり、迷うこともない点では、パソコンよりも使いやすいと感じる人もいるかもしれません。

 

スマホや携帯では、24時間利用ができるのがポイントですが、審査に関しても一定の時間内であれば、来店不要で申し込むこともできます。

 

それも仮審査などというものではなく、しっかりと審査を受けることができるため、借入れにつなげることができるのです。最短30分というのも、オンラインでつながっているためであり、即日融資ができる体制が整っているといえるでしょう。

 

身分証明などをどうするのか

ここで問題になるのは、身分証明などをどうするのかということになります。審査を受ける以上、さまざまな書類の提出も必要です。

 

これがスマホや携帯の大きなポイントで、カメラを使い写真を撮り送ることで済ますことができます。

 

パソコンではスキャナーなどが必要だったことが、スマートフォンのカメラという多くの人が使っているもので代替できるようになったため、利用者の増加にもつながったといわれています。

 

郵便物が自宅に届くのか

もうひとつ、こうした申し込み方法で問題になってきたのが、郵便物が自宅に届くということです。契約書やカードなどの問題もあり、自宅に郵送されてくるものが出てきます。

 

これが、家族にばれてしまったりすることにつながるため、スピードは速くても、利便性が高いとは言えなかった部分です。実際に失敗したと感じる人も多かったでしょう。これは大きな問題点だったため、改善する方法が生まれてきました。

 

それが、カードを受け取りに行くという手段です。この手段であれば、自宅に契約書などを送り付けられることはありませんし、カードも使うことができるようになります!

 

専用ATMが近くにない場合はどうなるのか

ただし、自分で行動しなければいけなくなるのが問題です。

 

特に専用ATMがなければならないため、近くになければ迅速性を失うことになってしまいます。さらに、誰かに見られるという可能性もゼロではないでしょう。

 

そこで、ネットバンクを使う方法が出てきました。専用の銀行口座を作り、そこに振り込んでもらうかたちです。金融機関がこの形をとることには、自社の系列の銀行口座を開設させることができる利点があります。

 

24時間振り込み対応できるうえ、コンビニATMなどを利用することで、スピード感も高まるようになったのです。

 

ネットバンクという存在が、お金を借りるということを大きく進化させたということになるでしょう(^_-)-☆

 

 

便利だからこそ注意も必要

スマホや携帯で借り入れができることは確かに便利です。だからこそ、気を付けなければいけないこともたくさん出てきます。特に機動性が高いということが、危険性を高めてしまうことがあります。

スマショ2

 

スマホや携帯で申し込みをするということは、そこに何らかの情報があるということを示しています。もしも、相手側がウイルスなどに感染していたら、その情報が漏れてしまう可能性はゼロではありません。

 

ATMなどで振り込みをするときには、暗証番号の入力が必要になります。これを後ろから見られていたら、この情報は流出することになるでしょう。

 

インターネットを使うことによって利便性を上げることができる代わりに、情報流出の危険性が高まります。この対策としては、ウイルス対策があります。

 

ですが、問題なのは、こうした物理的に抜き取られてしまうことなのです。申し込みをする際に人だかりの中で行ったりすることはないはずですが、借入れをするときに喫茶店などでしていれば、後ろからスマホの画面を見られるかもしれません。

 

手軽だからこそ、使用するときには注意しましょう。

 

もし無くしてしまったら・・・

そして、最大の問題が、持って歩ける機動性の高さということでしょう。スマホや携帯は確かに便利です。しかし、もしもなくしてしまったらと思うと、とても恐ろしいことに気が付くでしょう。

 

パソコンのように大容量になり、多くの情報が詰まっているようになりました。パスワードを掛けているから、なくしても安心というわけではありません。

 

パスワードが破られないということはありません。パスワードが解除されてしまえば、スマホのなかの情報は丸見えとなり、悪用される危険もあります。

 

また、自分だけではなく周囲の人にも迷惑がかかる可能性もあるため、スマホを使ってお金を借りている場合にはしっかりとスマホを管理するようにしましょう。

 

上記でスマホを使ってお金を借りるリスクについて紹介しましたが、基本的に金融機関のサイトは情報流出に対しての対策をしているため安全です。

 

また、画面を見られて暗証番号が流出するという可能性も低いです。紛失に関しても普段から気をつけていれば、防げるものであるため、そこまで意識する必要はないでしょう。

 

場所を問わずに借りることができるのは、スマホならではのメリットのため上手に活用していきましょう。