お金を借りるには信用が大切

担保にするものも用意せずに信用によってお金を借りるということは、非常にスピーディーな方法です。書類なども減りますし、担保にするものがない人でも借入れすることができるでしょう。

 

それだけに、信用できるかどうかということが大きな問題です。

 

その度合いを図るためには、本人の申告だけではなく、調査もしなければいけないのは当然のことでしょう。

 

社会的な信用でお金を借りるということ

お金を借りる場合、必ず信用調査が入ります。どの会社を見ても、審査がありますという記載を見ることができるでしょう。

 

審査を受ける=申請している本人の情報を確認すること

 

ですので、時間を掛けて判断するところもありますし、できるだけ簡易なものにしてスピードを上げるところもあります。

 

では、審査をなくしてスピードを上げることはできないのでしょうか?

 

「急いでお金が必要だから借入をしたい!」と思っているとき、審査の時間が邪魔になると思う人もいるでしょう。審査を受けたら借り入れができないという人もいるはずです。

 

では、「審査なしで貸付けできます」ということを看板にしているところは、どんなことを頼りにお金を貸すのでしょうか。

 

無担保でお金を貸すということは、社会的な信用を頼りにしています。収入があるとか、しっかり働いているとか、社会的に判断できる情報です。

 

この情報を審査するわけですが、これをなくすということは、それだけ貸す側にリスクを生じることになります。

 

大げさな例ですが、ここ5年間働いていない人は、お金を返せるとは言えないでしょう。勤め始めて3日目の人が、これから先安定して働き、お金を得て返してくれるとは考えるのは難しいはずです。

 

貸す側には踏み倒されてしまうというリスクが生じるのですから、できるだけ高い金利をかけ、利息を得ることでリスクに対応しようと考えます。

 

ですが、法律により金利の上限は定められているので、あまりに大きなリスクは吸収することができないため、貸さないという選択になるのです。

 

審査を不要とするということは、ありえないことだということがこれで分かりますよね。

 

 

審査不要にすること自体がありえないこと

審査不要というかたちにしている金融機関は、まずありえません。

 

貸し倒れを起こしてつぶれてしまう可能性が、非常に高いからです。そんなところが生き残っていけるほど、世の中はいい人だらけではありません。

闇金2

 

”20歳以上で何らかの収入があれば・・・”というところもありますが、返済能力があるかどうかは調べます。在籍確認もおこなうでしょう。

 

何らかの収入を必要としている段階で、それを確認することになるからです。これも審査のひとつであり、貸す側からすれば信用できるかどうかを判断する材料としています。

 

俗にいう「闇金」という存在です。まっとうな金利ではリスクを補えないのですから、びっくりするような金利を要求してきます。

 

それでも、審査を受けることができないという人は、飛びついてしまうことも出てくるのです(;^ω^)

 

甘い言葉の裏には、それだけのリスクが潜んでいることを忘れてはいけません。甘い言葉は魅力的ですが、その先に大きな落とし穴を作り待ち構えていますよ。

 

雪だるまのように借金が出来上がり、右も左も向けないような状況を作ろうとしているかもしれません。

 

それこそ、身ぐるみをはぐまで離してくれないことにもなってしまうのです・・・(~_~;)

 

 

審査なしを望む理由と問題点

審査なしでお金を借りるということには、どんなリスクがあるのでしょうか。

 

審査なしということを望むということは、2つの側面があるでしょう。

 

@急いでいるので審査の時間がもったいない
なぜそんな急ぎになるのかといえば、急な出費ということもあるかもしれませんが、それも計画していた収支が崩れたからです。

 

収入と支出のバランスが悪く、足りなくなってしまったことが問題にあるでしょう。日常の生活から収支を取りまとめておき、余裕を持って計算していないから起きたといえます。

 

A審査をしてもらっては、借り入れることができない
こちらのほうが、相当深刻な問題を抱えているといえるでしょう。現在の審査を考えると、多重債務を防止するために、総量規制などの問題も出てきます。

 

複数のところから借り入れている場合、さらに増やすことは相当難しいと考えなければいけません。

 

他にも延滞などの金融事故を起こしている場合、新規借り入れは難しいと考えるべきでしょう。こうした人が、さらに借入をしたいという場合に審査のない方法はと考えるのです。

 

この先に待っているのは、通常の金融機関ではなく、”闇金”といわれるようなところから借り入れる手段です。

闇金3

 

当然のことですが、貸してくれる代わりに法外な金利をかけられます。「十一で貸す」などという言葉がありますが、10日で1割の金利といったことも珍しくありません。

 

これらの目的は、”返してくれることではなく、返せなくなること”なのです。返せなくなったら、もっと大きな金額を貸し、最後は住んでいる家までも奪ってしまうのです。

 

「自分が借金をしていることを周りには知られたくない」と思う気持ちにも付け込まれますよ。

 

どんどん搾り取られてしまうのですから、悪循環以外の何物でもありません。犯罪じゃないかと思うかもしれませんが、そもそも違法なところから借りているのです。

 

では、このような闇金を利用しなくても良い、ほかにできることがあるのかといえば、審査に通りやすくすることですね。

 

金額を少なくしたりすることも有効です。小さい金額なら、相手もそこまで警戒しません。リスクも少ないと考え、貸してくれる可能性が高まります!

 

クレジットカードにキャッシング機能がついているのであれば、これを利用する方法もあるでしょう。少なくとも、クレジットカードを作ったときに審査がされていますので、再審査されることはありません。これならば、借入れすることができます。

 

 

 

そもそも、自分が無担保で借りようとしているということを忘れてはいけません。

 

何も保証できる材料がない状態で借りようとしているのに、審査をしないでもらいたいということ自体がとても虫のいい話なのです(@_@)

 

それなのに「なぜ審査するのだ!」とかみつくのは、そもそも間違いなのです。自分の状態もよく考えてみましょう。

 

借金をしないで済むような生活設計が重要です。生活設計ができないこと自体が、非常に大きな問題であることにも気が付きましょう。

 

お金を借りるということ自体が悪いわけではありません。

 

計画できないこと自体がリスクとなり襲い掛かってくるのですから、問題をすり替えずに向き合うことが大切ですよ。