今すぐお金が必要!

お金が必要になる状況というのは、いつ訪れるかわかりません!

 

突然必要になる可能性は、だれにでもあるでしょう。いきなり不幸ができてしまい、まとまったお金が必要になる可能性もあるはずです(-_-;)

 

急な出費に見舞われることはだれにでもある以上、何とかして借入できないだろうかと考えます。

 

それも、友人知人に頼ることなく借入できれば、だれにも影響も迷惑もかけずに済むだろうと考えるでしょう。

 

お金を貸してくれる相手を探す

単純明快にいえば、今すぐにでもお金を借りるということは可能です。相手が貸してくれればいいだけのことなのですから、今すぐにでも借りることができるといえます。

 

ですが、だれが貸してくれるのでしょうか?友人や知人から借りるのは、なんだか気が引けますよね(-_-;)

借金

 

まず、一体どんな目的で借りたいのかということになってきます。

 

例えば、車のディーラーに行って欲しい車があるにもかかわらず現金が足りない!ということはよくあることです。

 

この場合、ディーラーが使っている信販会社などと契約できれば、その場でお金を借りることができるでしょう。ただし、自分の手の上に現金が乗ることはありません。

 

信販会社などからディーラーにお金がわたり、その代りに車を手にすることになります。返済も信販会社にすることになるのです。

 

ただし、こうした目的ではなく”生活費”となってくると信販会社は貸してはくれません。明確な目的に使われるわけではなく、生活費となれば、その金額もはっきりしません。

 

今すぐ使われる金額もあれば、そのまま財布に入れて明日の生活に使われるお金もあるからです。

 

生活費という目的であっても、その内容は多岐にわたるため、信販会社は融資しないのです。

銀行や信用金庫から借りることができるか

お金を借りる手段としては、金融機関から貸してもらうという方法が出てきます。銀行や信用金庫などから借りることができれば、安心して返済もできるでしょう。

 

なぜ、安心できるのかといえば、だれもが知ることができる知名度があり、その知名度が信頼につながるからです。

借金2

 

だれかに銀行から借りていると知られても、そこまで心配されることもないでしょう。それほどまでに、銀行や信用金庫の持つ信頼感が大きいのです。

 

ですが、これほどの信頼を作り出すためには、それだけの経営をしていなければいけません。金融機関とは、お金を預けてもらい、それを貸し出すことで利益を生み出すことを基本としています。

 

つまり、しっかりと返してもらえるところに貸付け、利息を利益としているわけです。返してもらえないような不良債権が少なければ少ないほど、経営は安定していると評価されます。

 

そのために何が必要なのかといえば、危ない橋を渡らないように審査をすることです。審査の結果を受け、確実性が高いと判断することができれば、お金を貸してくれるといえるでしょう。

 

スピードの問題

返してくれるかどうか、本当に安全なお客となってくれるかどうかを判断するためには、顔を見ただけではわかりませんよね。

 

多くの情報を集め、多角的に判断して、融資を決定するのです。時間がかかるのが最大の問題でしょう。

 

住宅ローンなどでも、2週間以上かかることは珍しいことではなく、即日融資ということは、まずありえません。

 

安定した経営をする以上、石橋を叩いて渡るのが金融機関なのです(`・ω・´)

 

銀行や信用金庫から即日借りる方法はないの?

銀行や信用金庫から即日借りる方法がないわけではありません。数十万円程度で、これまで取引実績がある場合は、借入れできることもあるでしょう。

 

ATMなどで借入審査ができるものもあり、その場で申請して枠を作ることができる方法もあります。

 

ですが、実際に審査をして保証をするのは銀行ではないため、こうした仕組みが出来上がっているのです。

 

つまり、銀行などの傘下になった貸金業者の存在があるからこそ、こうした融資が行われるようになったのです!

 

当然のことですが、傘下に貸金業者を持っていないようなところでは、よほどの実績や信用がなければ、こうした即日融資は難しいでしょうね。

 

現実的な選択となる貸金業者

大急ぎの時に融資を依頼するというのであれば、貸金業者という手段もありますよ。

 

貸金業者の特徴は、融資の速度が速いということにあります。速くなるということは、それだけ審査の基準や準備が少なくて済むということも表しています。

 

多くの情報を集めるためには時間がかかりますし、情報が多くなれば分析にも時間を必要とするでしょう。貸金業者では、こうした審査をできるだけ簡易なものとし、判断基準を一定の枠に当てはめて速度を上げます。

 

速度を上げられるということは、貸す側の審査に掛ける時間が短くなるのですから、それだけのリスクを負うということ・・・。

 

そうなると、このリスクの分を金利で補っていくことになります。銀行や信用金庫での融資に比べ、金利が高めの設定になるのは、こうしたリスクを補うためでもあるのです。

 

借金3

金利が高くなれば、その分だけ返済負担も増えます。それでも、即日融資を受けられることを考えれば、利用しやすいことは間違いないでしょう。

 

金利は単純に金額が大きくなり、返済期間が長くなれば、負担が大きくなっていきます。金額が大きくなったとしても、短期間で返済することができれば、負担は軽くすることができますが(-_-;)

 

素早く借りることが貸金業者のメリットであるのであれば、できるだけ早期返済ができる計画を立てることが一番の方策であるといえます。

 

デメリットをそのまま受け取るということは、最も愚策ですからね。

 

計画のない人間には貸さない理由

大急ぎでお金が必要になった時、いろいろな方法があることは間違いありません。スマートフォンやパソコンからも申し込みが可能なところも多くあり、最短で30分で借りられるような場合もあります。

 

この場合でも「身分証明書が手元にあり、在籍確認なども同時進行でできれば」という条件が付くこともあります。

 

いくら貸金業者が銀行ほどの審査をしないといっても、何もしないで貸付してくれるわけではないですからね(;´∀`)

 

「1つめの業者がだめだったけど、次の貸金業者なら何とかなるのでは?」考えるのは、非常に安易な考えですよ。

 

信用情報機関は情報を共有していて、審査を受けた実績も残りますからね。この情報を他の貸金業者が見れば、お金に困っている状況であり、どうしても借りなければいけない危険な状態と判断するでしょう。

 

さらに、審査で落ちたということを知れば、警戒度を上げることになってしまいます。特に”借金の返済のために借入れする”というような状況であれば、まず融資は受けられないと考えるべきでしょう。

 

お金を借りるということは、常に計画が必要です。借りるときだけではなく、返済にも計画が重要となってくることをよく考え申し込む必要があるでしょう。