審査に通ってお金を借りたい!

どうしてもお金が足りなくなってしまう時ってありますよね。毎月やりくりをしていても、思わぬ出費があることもあります。

 

急にお金が必要になったときに便利なのが、銀行や消費者金融のカードローンです('ω')ノ

 

銀行や消費者金融でお金を借りる場合、年収いくら以上なら借りる事ができるのでしょうか?

 

 

年収の3分の1程度

お金がどうしても足りない場合には、消費者金融や銀行などでお金を借りることを考えるでしょう。

 

初めての利用の場合には、いったい年収がいくらであれば借り入れすることが出来るのか気になるところですよね。

 

銀行も消費者金融も「希望する金額ならいくらでも貸してくれる!」なんてサービスを行っているわけではありません(;´・ω・)

借金

 

年収によって借りられるお金の上限金額は決まってくるのですよ。高い年収があれば、それだけ多くの金額を借りることが出来ます。

 

ただし、初めて利用する時から多くの金額を貸してくれることはありません。

 

取引を重ねていくうちに信用度が上がれば、利用額を増額してもらえます。はじめは利用額が低めに設定されているのですよ(´・ω・`)

 

お金を借りる際は「年収の3分の1程度を借りることが出来る」と考えておきましょう。

 

つまり、年収が300万円の方であれば、借り入れの上限は100万円です。

 

消費者金融で借り入れをする場合には総量規制の対象となりますから、年収の3分の1以上の金額を借り入れすることはできないのです。

 

しかし、年収の3分の1以上でも場合によっては借りられる方法があります。

 

その方法とは、消費者金融ではなく銀行から借り入れをするという方法です('ω')ノ

 

総量規制は貸金業法で定められていますが、貸金業法とはその名の通り貸金業者に対する法律です。

 

銀行はあてはまらないので、総量規制の対象からは外されるのです。

 

つまり、すでに銀行からいくらかの借金があったとします。消費者金融ではその借金の金額も含めて年収の3分の1の借り入れとなりますが、銀行の場合には含まれないのです。

 

 

お金を借りる際の限度額

消費者金融でお金を借りる際は、限度額が設けられています。

 

プロミスは上限500万円、アコムやモビットは上限800万円などとなっています。

 

年収が高いから上限近くまで借りられる範囲があると思っていたとしても、実際には無理です(^^;)

 

初めての借入でいきなり数百万円も借りたい希望を出したとしても、希望通りにはいくことはないでしょう。

 

全く取引がなく信頼度も高くない人に対して、いくら年収の1/3までだからと言っても、何百万円も貸すことが出来る金融会社はありません!

 

例えば年収300万円の方は100万円が借りられる上限値となりますが、いきなり100万円をポンと貸してくれるとことはありません。

 

もし初めての利用であれば10万円〜20万円が妥当なところだと考えられます。

 

初めての利用で数百万円の融資をお願いしてしまうと、審査が厳しくなる可能性もありますよ(~_~;)

 

初めから桁違いの金額を希望することはやめた方がいいですよ!

 

返済を滞らせず毎月きちんと返済できていれば、信用がついてくるのでそのうち増額をしてくれます。

 

「上限値をアップしませんか?」と消費者金融業者側から言ってくれるようになります(^O^)/

 

取引を重ねて弁体することもない場合、半年から1年ほど取引を行った後に自分から増額を申し出てもかまいません。

 

信頼があれば希望通り増額してもらえるでしょう♪

 

 

申し込み先を選択後に・・・

銀行でも消費者金融でも申し込み先を選択したら、次は申し込みを実際に行います。

 

借り入れを行う際には、必ず審査を通らなければなりません。

 

申し込みをしない限りには審査も行われませんから、間違いなく記入していきましょう。

 

実際にお金を借りる場合、消費者金融なら無人契約機で申し込みをすることもできます。もちろんWEBからでも申し込みを行えます。

 

大手銀行の場合にもWEB申し込みが可能ですから、誰にも知られず、誰にも邪魔されず申し込みが可能ですK(-ω-)/

借金2

 

申し込みを行う際には、必要な書類を用意しておかなければなりません。まず必要なのが身分証明書です。顔写真のある運転免許証が一番適しています。

 

しかし運転免許証がない場合には別のものでも構いません。パスポートや健康保険証でも大丈夫です。

 

借りたいお金の金額が大きい場合、身分証明書の他に収入証明書類の提出を促される場合があります。

 

申し込み後にあらかじめ準備しておくと手間取ることもありません。

 

 

審査では

消費者金融や銀行でお金を借り入れする場合、まずは審査に申し込まなければなりません。審査はそれぞれ基準が異なります。

 

審査の基準項目は、金融機関が独自に定めた基準に従って行われてます。

 

どのような審査基準があるのかは一番気になるポイントですが、実は、どの金融会社の審査基準も公開されていません!

 

ただしその人の返済能力を確認するために・・・

 

・職業と勤務先
・年収
・その職場には何年務めているのか
・ほかの貸金業者での借入額はどうか

 

などをチェックしていると言われています(´・ω・`)さらに家族構成もチェックしているところがあると言います。

 

子育て世代であれば、今後教育費用がどんどん掛かってくるので返済が苦しくならないのか?

 

子供が成人していれば、子供にお金がかかることもないだろう、などという点も見ているところもあるようです。

 

職業によっては通りやすい職業があると言います。

 

どんな人が審査に通りやすい?

どんな人が審査に通りやすいかというと、公務員です。

 

公務員の場合には収入がそれほど多くなくても、職業自体が安定感が大きいので、審査に通りやすいメリットがあります。

 

一般企業でも、業績が良く、実績のある企業や大手企業であれば信用度も高いため有利です。

 

また、勤続年数が長いと評価が高くなる傾向にあるため、長く勤めている場合も診査に受かりやすくなります。

 

勤務形態も重要です。正社員で長く勤めているか、派遣社員かでは貸金業者の評価も全く違います。

 

いくら正社員であっても短期間しか働いていないのであれば審査に通りにくくなってしまいます。

 

正社員で長く勤めているほうが審査に通りやすいですね(^_-)-☆

 

他にも、住居は持ち家かどうかで審査に通りやすさがプラスされてきます。

 

結婚しているかどうか、さらに、ほかに借り入れがあるかどうかもチェックの対象となります。

 

ここで少なめに借金金額を申請する人がいますが、少なめに申請をすることのメリットはありません。

 

少なめに言うと少しでも多くの借り入れが出来るかも?と思う人がいるようですし、借入状況を聞かれても嘘をつけば大丈夫、と思っていませんか?

 

嘘をつくと審査に通らなくなってしまいます(^^;借り入れ状況は正直に言うべきです!

 

個人信用情報機関で調べればすぐに嘘はばれますからね。  

 

もし嘘をつけば、虚偽の申告をしたとして二度とその会社では貸してもらえなくなる可能性があります。

 

借り入れを希望するのであれば、絶対に嘘は止めて正直に申請しましょう。

 

当然のことですが、お金を借りたら必ず返済が必要です。期限までにきちんと完済できるよう、借り入れ時点で返済計画を立てておくようにしましょう。

 

年収が1/3まで出れば消費者金融で借り入れできますが、はじめから限度額いっぱいまで借り入れはできません。

 

希望する金額を少なめに申請した方が審査が厳しくならないので、お勧めです。

 

お金を借りる際は、自分は毎月どのぐらいの金額を返済にあてることができるのかも一緒に考えましょう。

 

返済の目途が立たない金額を借り入れすべきではないのです!家計の出費を考えて無理のない借り入れを行うことが大切です。