収入が不安定だと見られがちな水商売

いくら稼いでいるかに関わらず、お金が必要な時にお金がないということはだれにでも起こりえます。

 

そのような時にローンはとても役に立つシステムです。

 

消費者金融、銀行系のカードローン、クレジットカードのキャッシングなど、お金を借りる方法はたくさんあります。

 

水商売

しかし、お金を借りる際には審査があります。

 

審査する理由は、その人に返済能力が本当にあるかどうかを見極めるためです。

 

貸す側としても大切なお金を貸し出すわけですから、貸し出しの額と金利分をしっかりと回収できると信用できる人に貸したいと思うのは当たり前のことです。

 

審査を通るためには安定した収入や、勤続年数、社会的な立場などが検討されます。

 

社会的な立場はどのような仕事をしているのか、そのような雇用体系によるのかで決まります。

 

そうした立場の中でも、水商売を行っている人は審査が通りにくいといわれています(;´Д`)

 

それはなぜなのでしょうか?7本当に水商売が職業の場合、ローンを組むことは不可能なのでしょうか?

 

 

水商売とは

水商売と聞くと、一般的には夜の飲食店で働く人々のことをイメージするかもしれません。

 

ホストやホステス、キャバ嬢、風俗嬢などです。

 

しかし実際の水商売の定義とは、「先の見通しが立ちにくく、世間からの人気に大きく収入が依存し、収入が不安定な職業全般」のことを指します。

 

ですから、人々の人気や嗜好に大きく依存してお金を稼いでいる人々のことを総じて水商売というのです。

 

ですので、本来は演劇や歌舞伎などの芸能関係に従事する人々や、作家やクリエイターなどの職業の人たちも水商売という言葉が使われていました。

 

とはいえ、近年では主に夜の飲食店や花柳界、性風俗業といった業種のことを指す場合がほとんどです。

 

水商売

成功を収めている方の場合は高収入が見込める職業です。

 

夜のお店で働く人にとっても、人気が集まれば通常の職業では考えられないような単価での仕事をすることができるでしょう。

 

そのため、若くても月に何十万、何百万と稼いでしまう人も少なくはないのです!

 

ただし、稼ぐ金が大きいからといって、お金に困ることはないとは言い切れません。

 

特に人気商売の場合は、人気が出るために自分自身を磨くために自腹を切らなければならないケースも少なくないですから・・・。

 

例えば、華やかなドレスを購入したり、全身のコスメにお金をかけたりと、仕事のために実費を費やす必要が大きい職業ともいえるのです。

 

ですから、案外、お金が足りないと感じる感覚は、普通の職業についている人たちとさほど変わらないこともあるかもしれません(-ω-)/

 

 

水商売の人はお金を借りることはできないの?

水商売は人々の人気や嗜好に大きく収入が左右されている職業です。

 

ですので、極端な話、数百万円稼いだ翌月に収入がゼロになる可能性も考えられる職業です。

 

「水」という言葉が不確定なそうした要素を表しています。

 

そうした水商売で収入を得ている人たちは「安定した収入があるかどうか」の点で、各金融機関で厳しい審査がされることでしょう。

 

お金を貸す側としては、稼ぐときに大金を稼ぎながらも翌月どうなっているかわからない人よりも、安定した収入を得ている人で今後の先行きも予想しやすい職業の人の方がお金を貸しやすいと判断します。

 

夜のお店で働く人の場合は、従業員の出入りも激しい職場ということもあり、安定して今後も就業することができるのかは不確かです。

 

この点も審査に影響を与えることになるでしょう。

 

こうした点を考えると水商売をしている方は、ほかの水商売とは言われない職業の方と比べると決して借りやすい立場とは言えません。

 

とはいえ、水商売の方でもお金を借りることはできますよ(^_^)/

 

 

水商売でもお金を借りるためにクリアしておきたい条件

水商売の方でもある程度の条件をクリアしていれば、返済能力が十分にあると判断され、お金を借りることが可能になります。

 

  • 1つのお店で長期間働いているという実績

この条件をクリアするには、少なくとも1年から数年は同じお店で働いている必要があります。

 

もし水商売を始めたばかりの時にお金が必要になってしまうと、この点で審査が通りにくくなってしまうかもしれません。

 

  • 申込書には店の名前ではなく経営している企業名を書こう

また、申込書に記載する際には明らかに夜のお店とわかってしまうようなお店の名前をそのまま書くのではなく、そのお店を経営している企業名などにしておくとよいかもしれません。

 

審査する人も人間ですので、夜のお店の名前を見たとたんに返済能力的に信用するには不十分という印象を持つ場合も考えられるからです。

 

ただし、申込書の勤め先の電話番号は、自分の勤めているお店の電話番号を記載しましょう。

 

なぜなら、後々在籍確認で金融機関から職場へ在籍確認の電話がかかってくる可能性があるからです。

 

お店にも、そうした電話がかかってくる可能性を伝えておけば、在籍確認の段階で審査に落ちるというリスクを減らすことができます。

 

  • 給料の明細書は保管しておこう

水商売の方がローンを申し込む場合、収入を証明する書類が必要になることが多いです。

 

そうした収入証明書の提出をスムーズに行えるように、過去の給料明細書はしっかりと保管しておきましょう。

 

また、消費者金融などでは、毎月の給与明細ではなく、確定申告書等の提出を求められるケースもあります。

 

ですから、確定申告は必ずしておくようにしましょう!

 

こうした手続きや準備は、普段融資を必要としない場合には面倒に感じることが多いかもしれませんが、いざお金が早急に必要になった際には大変役に立ちます。

 

将来何があるかわかりませんので、いざというときのために普段からしっかりとした管理を行っていきましょう。

 

こうした準備を日ごろからしておけば、審査を有利に進めることができるでしょう♪

 

 

返済計画はしっかり立てましょう

水商売の方でもお金を借りることは可能ですが、くれぐれも返済で問題を起こさないようにしましょう。

 

例えば、滞納を起こしてしまうと、その記録は数年各金融機関で共有されてしまいます。

 

ですから、将来的に家を購入したり、車を購入したりする場合、比較的大きな額でのローンを組みたいと思った際に、過去の滞納の履歴が足を引っ張り、ローンができなくなってしまうことも考えられるのです。

水商売

 

将来的なことも考えて、利用は返済計画をしっかりと立ててから、返済が余裕をもってできる分だけ借り入れることにしましょう。

 

また、複数の消費者金融から借り入れができたとしても、返済のために新たな借り入れをしないように注意しましょう。

 

多重債務になると一体どれくらい元本が残っているのかということや、金利の分はトータルでどのくらい支払う必要があるのかが把握しきれなくなります。

 

場合によっては、毎月利息の分しか支払うことができず、一向に元本が減らないことも。

 

これではいつまでたっても返済ができないということもあり得るのです。そうしたローンの悪循環に陥らないように慎重に利用しましょう(`・ω・´)

 

 

このように水商売の方でもお金を借りることは不可能ではありません。

 

しかし、いくら普通の仕事よりも稼ぐことができるとはいえ、融資を申し込む際には安易な借り入れをしないようしっかりと返済計画を立てましょう。

 

そうすれば、困った時に役立つローンとして金融機関を利用することができますよ。