フリーター

ローンと聞くと、正社員で安定した収入があることが条件となるというイメージがあるかもしれません。

 

確かにローンによっては審査が厳しく、返済能力がしっかりと保証された状態でないと借り入れができないということもあるでしょう。

 

特に自動車を購入する時やマンションなどの不動産を購入する時など、高額のローンを組むときにはとりわけ審査が厳しくなる可能性があります。

 

とはいえ、それほど高額でなくても、急な出費の時などにお金が必要になることがあります。

 

そのような時に役に立つのがカードローンです('ω')ノ

 

カードローンの場合はたとえ正社員ではないとしても、ある程度の返済能力が認められれば審査が通ることが少なくありませんからね。

 

では、本当にフリーターでも問題ないのか調べてみましたよ。

 

 

フリーターでも借入はできる

 

そもそもフリーターとは・・・
契約社員、契約職員、派遣社員、アルバイト、パートタイマーなどの非正規雇用の従業員として生計を立てている人のこと。

 

アルバイトをしていたとしても学生は含まれません。

 

義務教育を卒業した、15歳から34歳までの人のことを主に指す意味合いとして用いられています。

 

フリーターは正社員としての立場ではないゆえに不安定なポジションというイメージがあるものの、実際のところ毎月安定した収入を得て生活に困らない方は少なくありません。

 

ローンを組む際の審査の時に正社員かどうかではなく、「何らかの方法で安定した収入があるかどうか」を重視する金融機関は少なくありません。

 

ですからフリーターであっても「収入があり、返済能力としては問題がない」と判断されれば、お金を借りることが可能になるのです。

 

例えば、大手の消費者金融であれば、大抵はどこでもフリーターへの融資を可能としています(^^)/

 

そのうえ、30日間の無利息キャンペーンなどをうまく利用すれば、借りた額だけを金利なしで返済すればよいことになります。

 

フリーターもお金を借りやすいだけでなく、返済計画も立てやすいため、いざというときには消費者金融を利用するとよいでしょう。

 

こうした方法を知っていれば、アルバイトやパートで得た給料では少し足りないというときや、給料日までの数日間がどうしても現金が足りないという緊急事態にすぐに対処することができます☆

 

 

具体的な審査条件

フリーターがローン組む場合、20歳以上でフリーターでも安定した収入が確認できれば審査が通る可能性が非常に高いです。

 

消費者金融はもちろん、銀行のカードローンや特定のお店や企業のカードローンの審査も通りやすいと言えますね。

 

正社員に比べると審査に通る確率は低くなって、どこで借りるかの選択肢は少し狭くなってしまう可能性はあります。

フリーター

しかし、借り先がなくて困るということはないでしょう(-ω-)/

 

また消費者金融のカードローンであれば、申し込みのタイミングによっては即日融資も可能です。

 

近くに発券機があれば、店舗で対面での申し込みをしなくても自動での借り入れも可能です。

 

どの金融機関を利用するかは、近くにATMがあり、借りやすい金融機関を選ぶとよいかもしれません。

 

申し込みの際には、いくらフリーターでも審査が通りやすいとはいえ、適当に記入することや間違った情報にならないように慎重に記入しましょう。

 

この記入面で不備があると、せっかく即日で融資が可能なタイミングと条件であったとしても、借り入れの時期が延びてしまう可能性が高まります(;^ω^)

 

また、申し込み方法としてもほとんどのカードローンがスマホやパソコンでの申し込みができますので、非常に簡単に手続きを済ませることができます。

 

金融機関によっては、最短1時間での融資が可能なところや、24時間対応しているところ、自宅にカードローンの使用したことがわかるような郵送物が一切届かないサービス、数秒での診断で借り入れ可能がわかるサービス、女性専用の窓口を設けているところなど、様々な特徴があります。

 

金利も金融機関によって変わりますので、自分にとって借りやすく、できる限り金利の安い金融機関を選ぶことができます。

 

また、より審査を通りやすくするには、限度額をあまり高めで希望しないこともポイントになります。

 

限度額が高くなるとそれだけ、信用できるかどうかの審査が厳しくなるからです(^^;)

 

無理のない返済ができる限度額で、あまり高めには設定しないほうが審査は通りやすくなるでしょう。

 

また、フリーターでも様々な職業を転々と変えている人よりも、同じ職業を継続して行っているフリーターのほうが信用に値すると判断されることが多いようです。

 

理由は、転々と職を変えられては安定した年収があると判断しづらく、その分金融機関の側の貸し出すリスクが高まってしまうからです。

 

少なくても一つの職場に1年以上は勤務していることが審査基準の目安とも言われています。

 

なので、カードローンでの借り入れを検討されている場合は自分の職歴も再度確認してみてください(^^)/

 

 

返済計画はとても大事

お金を借りる際に注意しなければいけないのは借りやすさだけではありません。むしろ、返しやすさを重視しましょう!

 

確かにフリーターの場合でもお金を借りることのできる方法や、対応している金融機関は多々あります。

 

しかし、消費者金融を選ぶか銀行でのカードローンを選ぶかでも金利が変動してしまいます。

 

単純に借りやすさだけで金融機関を選ぶと、未返済のリスクを軽減するためにその分金融機関は高金利での貸し出しをする場合が少なくありません。

 

もちろん、法律で定められた範囲内での金利設定になるのでせいぜい17%くらいの金利で落ち着くことがほとんどですが、決して低いとは言えない設定でしょう。

フリーター2

 

お金を借りる際にはいくらぐらいの額を借りて、どれくらいの期間で返済できるのか、まずは明確なプランを立てておきましょう。

 

返済期間が長くなればなるほど、利息分の支払いも多くなってしまいますよ。

 

毎月の返済額が大きくなると、家計を圧迫するほどの返済額になってしまい、今度は家計を助けるためにまた借り入れを行うということになりかねません。

 

そうなると、多重債務の問題に陥りかねません・・・。

 

多重債務になってしまうと、それぞれの金融機関に最高の金利でお金を借りてしまうことになるため、長期的に見ると避けておいた方がいいです。

 

特にフリーターの場合はボーナスなども基本的にありませんし、負債を追っている期間はそのことを忘れずに、自分の生活を圧迫させないように十分に注意しましょう。

 

とはいえ、フリーターの場合は年収が低いために、消費者金融においては総量規制という法律の決まりによって年収の3分の一しか借り入れすることができません。

 

ですから、銀行のカ―ドローンの場合は総量規制がないために自分でしっかりと借り入れを計画しなければなりません!

 

消費者金融の場合は法律によって上限が定められているので、ある程度の抑止力にはなるでしょう(^^;)

 

 

このように正規雇用されていないフリーターとしての立場であっても、お金を借りることは可能です。

 

消費者金融ならほとんどの場合審査は通ると思われますし、銀行のカードローンも条件が揃えばフリーターでも借り入れが可能となるでしょう。

 

後は、各社の金利や、その都度行われているキャンペーンなどを比較して、ニーズに合った金融機関を賢く選びましょう!