低金利カードローンなら銀行カードローンがおすすめ

急にお金が必要になったときにカードローンは便利です。

 

どうせ借りるなら少しでも金利の安いカードローンを選びたいと思いませんか?

 

金利が低いと、後々の返済時にも負担が少ないので助かります(^O^)/

 

銀行のカードローン

銀行のカードローンは金利が低いです。

 

消費者金融のローンと比べても、圧倒的に金利の低さが目を引きます。

 

消費者金融で借り入れをすると金利は5%〜18%、銀行の場合には3%〜15%の金利です。

 

最高金利となっても銀行の方が低いことは明らかですよね。

 

お金を借り入れするときには金利が低い方が後々の返済の時に大きな差が出てきます。

 

例えば・・・
100万円を消費者金融にて18%で借りるのと、銀行カードローンにて10%で借りるのを比較してみる。

 

1ヶ月の利用で、消費者金融⇒10950円 銀行カードローン⇒8219円で、2731円も違います。

 

少しでも返済額が低い方がお金の負担が減るので、カードローンを選ぶ際には金利の低さを焦点に選びましょう('ω')ノ

 

そうすると、銀行のカードローンが必然的に選択肢に入ってきますよね。

 

銀行のカードローンというと、審査を申し込んでもなかなか審査が進まず時間がかかって、最終的には「借り入れ不可能です」なんて言われてしまうのではないかと感じている人も多いようです。

銀行

 

銀行というとなかなかお金を貸してくれないというイメージを持っている人もいるようです。

 

しかし、安定した収入があり、金融事故もなければ審査に落ちる可能性は低いでしょう。

 

ただし、銀行のカードローンの選び方も大切になってきます。

 

銀行カードローンの中でも目を引いて金利が低く、さらに借入可能額も高いものは審査が厳しい傾向にあります(^_^;)

 

自分の属性を理解したうえで銀行のカードローンを選ぶと、審査に落とされる可能性は低くなりますよ。

 

例えば、銀行のカードローンの中には「年収が〇〇円以上なければ申し込みが出来ない」というものや「パートやアルバイトの収入しかない人はダメ」というものもあります。

 

一方で、専業主婦であっても配偶者に安定した収入があれば申し込みが出来るというものもあります。

 

金利の低さも重要ですが、自分の属性はそのカードローンの申し込みに即しているかどうかもチェックしましょう。

 

また、銀行のカードローンを申し込んでも、時間がかなりかかってから契約というものもあります。

 

中には即日融資が可能なものもありますが、気を付けたいのは「即日審査」という文字です。

 

「即日審査」と「即日融資」は意味合いが異なります。

 

即日審査がなされても契約時には書類を郵送することになるので、ある程度の日数がかかってしまうのです(~_~;)

 

 

自分の金利はいくらになるかを考えて

銀行のカードローンは消費者金融と比べて低くなっています。中には1%を切る金利のカードローンも登場しています。

 

「少しでも無駄なお金を使わずに借り入れができる!」と思って申し込みをしようと思う人も多いでしょう。

 

しかし、よく調べてから申し込みをしましょう!本当にその低金利が適用されるかどうかは、わかりませんよ。

 

低金利が適用されるには、その銀行と取引があること、給与振り込みを行っていること、住宅ローンを利用していることなど、ある程度の条件が必要になってくるケースが多いのです。

銀行

 

また、10万円や20万円などの少額を借り入れしたいと思った場合最低金利は適用されません!

 

たいていの場合は、上限金利となります(;´・ω・)

 

お金を借りるとき、どうしても損をしたくないという方には、低金利カードローンの利用がおすすめです。

 

上限金利をチェックしよう

自分の借入額が少額であるのなら、上限金利を比べてから検討するといいでしょう!

 

自分が借り入れを希望している金額であればどの程度の金利になるかをきちんと調べてから申し込みをする必要があるのです。

 

各銀行のHPを見れば、借入額に対する金利が詳細に記されています。

 

最高金利が低ければ最低金利も低くなるので、どのような金額であっても低金利で融資を受けられることが多いですね。

 

その銀行のカードローンを利用できる条件によっては属性に含まれておらず、利用することもできない場合もありますので気を付けましょう。

 

返済額もチェックしよう

また、返済額も把握しておきましょう。

 

毎月最適いくら返済しなければならないのかを調べて、自分がお金を借りた場合の返済計画をあらかじめ立てておきましょう。

 

返済計画なしにお金を借りることは危険ですよ(;^ω^)

 

 

低い金利の銀行カードローンを徹底比較

低い金利で人気の銀行カードローンを比較検証してみました。

 

住信SBIネット銀行のカードローン

金利・・・0.99%〜7.99%

 

利用限度額・・・1200万円

 

最低金利が1%を切っているのですから、ほかの銀行カードローンと比べても圧倒的な金利の低さが目を引きます。

 

住信SBIネット銀行はネットの銀行ですから実店舗を持ちません。

 

そのため人件費などを大きく削れるために金利の低さで利用者を引き付けようとしていると考えられます。

 

ただし、金利が低いだけあってなかなか審査は厳しめになっていますよ(*_*;

 

みずほ銀行カードローン

金利・・・3.0%〜7.0%

 

利用限度額・・・1000万円

 

と低い金利、利用限度額は高めとなっています。

 

安定した収入があればアパートやアルバイトでも申し込めますし、専業主婦でも申し込みが出来るカードローンです。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

金利・・・1.8%〜14.6%

 

利用限度額・・・500万円

 

パート・アルバイトでも安定した収入さえあれば申し込みが出来ますし、専業主婦でも申し込みが可能です。

 

即日融資も可能ですし、銀行カードローンにありがちな銀行の口座を開設しなくても利用可能となっていますのでかなり便利に使えます。

 

 

三井住友銀行のカードローン

金利・・・4.0%〜14.5%

 

利用限度額・・・800万円

 

最短30分審査で、最短で即日融資が可能となっている金地便利な商品です。

 

三井住友銀行に設置されているローン契約機を使うと、その場ですぐに計画までできるので即日利用が可能になります。

 

 

無利息のカードローンを利用する

消費者金融というと、銀行のカードローンに比べて金利が高くなっています。

 

しかし利息なしで借り入れができる場合もあるのです(`・ω・´)

 

大手の消費者金融の中には、期間限定で無金利で借り入れをさせてくれるところがあります。

 

そのようなカードローンを利用すれば、借り入れした金額しか返済しなくて良いのですよ。

 

ただし無利息のカードローンを利用できる人は限られています。利用する消費者金融が初めてでなければなりません。

 

すでに完済していたとしても、一度でも利用経験があれば無利息の対象にはならないのです。

 

「消費者金融ってなんだかハードルが高い・・・」と、利用を考えてしまう人が多くいます。

 

消費者金融はできるだけ消費者金融へのハードルを低くすることで、お金を借りる利用者の数を増やそうとしているのです。

 

そのために利息ゼロいうサービスを打ち出しているのですね。

 

 

消費者金融と比べて銀行のカードローンは金利が低くなっていますので、お金を借りたいと思うのであれば銀行のカードローンがおすすめです。

 

しかし、銀行のカードローンと言ってもかなり多くの数があります。

 

申し込み方法も違えば、契約方法も異なります。

 

また銀行の営業範囲内に居住している人でないと利用できないというものもありますので、利用条件をよく調べてから申し込みをしましょう。

 

銀行のカードローンは申し込みから契約まで時間がかかってしまうものもあります。

 

少しでも早く利用したいと思っているのであれば、即日対応が可能なものを選ぶといいでしょう!