カードローンをいくらまで借りられるのか?

カードローンを利用する際には自分がどのくらいの金額まで借り入れができるのかが気になるところではないでしょうか?

 

金融会社からお金を借りる場合は総量規制が適用されるので、年収がお金を借り入れする場合の利用限度額に大きく影響してきます。

 

果たしてカードローンをいくらまで借りられるのか調べてみましょう(-ω-)/

 

 

総量規制が適用されるために

2010年より貸金業法が改正され、総量規制という新しいルールができました。

 

”消費者金融をはじめとする貸金業者が貸し付けをする際、借り入れをする人の年収に対して、3分の1を超えるような過剰な貸しつけができない”

 

というルールのことです。

 

つまり、年収が100万円であれば30万円以上の借り入れをすることはできません。

 

ただし、この総量規制が適用されるのは消費者金融や信販会社、クレジット会社などで、銀行のカードローンは適用外となっています。

 

銀行は総量規制適用外なので、年収の額にかかわらず利用額を決めることが可能です。

 

これによって、それまで専業主婦でも消費者金融から借り入れをすることが出来ていたので、家族の人に隠れてこっそりとローンを利用していた専業主婦は結構な数がいました。

 

しかし、急に利用することが出来なくなったことで、家計がピンチのときにお金を借りることが出来なくなり、家計が火の車になってしまった人もいます。

限度額

 

本人に収入がなければ借り入れすることが出来なくなってしまったので、困窮した状態になった人も多かったようです(;^ω^)

 

このような人からすれば総量規制は邪魔な存在でしかないでしょう。

 

しかし一時期、消費者金融などが高金利で貸し付けを行っていた時に多重債務となってしまい、破産者が続出してしまいました。

 

高金利での節度ない貸し付けを規制するために設立された法律なのです。

 

また破産をする人を少なくするために設立された法律だとも言えます。

 

 

銀行や消費者金融のカードローンを申し込む場合

カードローンを申し込む場合、銀行でも消費者金融でも安定した収入があることが条件となっています。

 

安定した収入があり金融事故もなければ、審査に通過する可能性は高くなります。

 

カードローンを申し込みするときには利用したい希望額を申請しますが、希望の金額通りになるとは限りません。

 

審査に通過しても利用したい希望する利用金額を下げられる場合もありますし、逆にもっと多い利用限度額にすることが出来ますと言われることもあるのです。

 

年収などに応じて利用限度額は決められると考えられていますが、たとえ同じ年収であったとしても同じ利用限度額になるとは限りません。

 

個人的な信用がどの程度あるのかを個人信用情報を見て判断されるので、同じ年収であっても信用度が異なれば利用限度額は違ってきます。

 

年収、職業、結婚の有無、返済実績、他社借入などの要因によって決まると言われていますが、はっきりとした基準があるわけではありません。

限度額2

 

金融会社によって基準も異なるので、借入限度額をあらかじめ自分で計算をしておくことは難しいのです(^^;)

 

銀行のカードローンの場合には総量規制が適応されないので、年収の1/3以上であっても借り入れをすることが出来ます。

 

しかし、消費者金融となると総量規制対象になってしまうので、年収の1/3以上は借り入れすることが出来ません。

 

借り入れをする金融会社によっても借入限度額の考え方が違ってくるので、利用限度額をあらかじめ調べておくことは難しいのです。

 

 

初めての利用では・・・

初めてカードローンを申し込んだときには、信用度が金融会社と利用者との間で構築されているわけではありません。

 

カードローンの利用限度額が100万円だったとすれば、最高利用額の100万円をはじめから借り入れできることはありません。

 

これは年収の多い、少ないが関係しているのではなく信用度の問題です。

 

初めての利用時には利用限度額が少なめに設定されますが、利用を重ね返済も遅れることなく行われ信用度が高くなると、貸す側から信用されます。

 

そうすると、「金融会社側から利用限度額のアップが可能です」と言われます。

 

信用度が上がったために、利用限度額を上げてもらえるのです。

 

取引を積んでいけば増額してもらうことも可能なのです(^^)/

 

年収が低くても信用度が上がれば増額してもらえるの?

ただし、年収が低くても信用度が上がればどんどん増額をしてもらえるということはありません。

 

利用限度額が増え利用した金額が増えれば、元金が増えます。

 

すると、返済金額も増えますから返済能力が高くなければなりません。

 

つまりは年収をどのくらい得ているかも関係してくるのです。

 

いくら信用があっても返済するお金がなくてはダメなのです。

 

利用限度額を増額してもらうためには、年収が多いことが必要になってくるのです。

 

 

平均的な借り入れ限度額について

平均的な借り入れ限度額はどのくらいなのでしょうか。

 

借入限度額は、消費者金融と銀行カードローンで違ってきます。

 

・銀行のカードローンを初めて利用する場合・・・年収の4分の1の限度額

 

・消費者金融を利用する場合・・・・年収の6分の一の限度額

 

初めての利用では利用限度額を抑えられていますが、取引を重ねて信用度が増していけば増額をしてもらえるでしょう。

 

具体的に言うと・・・

・銀行の場合・・・年収が200万円の場合には50万円、年収が300万円の場合には70万円、年収が400万円の場合には100万円

 

・消費者金融の場合・・・年収が200万円の場合には30万円、年収が300万円の場合には50万円、年収が400万円の場合には60万円

 

初めての利用時には年収の額が目安になってきます。

 

自分の年収はどの程度であるのかを把握しておくと借り入れ限度額も大体わかりますよね。

 

ただしこれは大手の消費者金融や大手銀行カードローンの話であって、中小企業となってくるとまた違ってきます。

 

中小の消費者金融は、年収によって最初の借入限度額を決めないところもあります。

 

初めての利用では信頼関係が出来ていないので、どんな人が来たとしても最初は一定金額だけしか利用することが出来ないというところもあるのです。

 

中小の業者では、最初に借入をした場合は一律で10万円というように決めているところがあります。

 

どんなに年収が高くても10万円以上は貸してもらえないのです。

 

中小の業者の場合は、大手の金融会社を敬遠するような人が利用をしています。

 

年収もあまり高くない人が多いので、金融会社側も初めから多くの金額を貸すことに対してのリスクを感じているのです。

 

そのため、できるだけ最初は貸し絞る傾向にあるのですね。

 

 

カードローンの利用限度額は年収、職業、結婚の有無、返済実績、他社借入などの要因によって決まると言われています。

 

しかし、どんなに年収が高く、社会的な信用度が高い人であっても、カードローンの利用限度額はどの人も初めはかなり抑えられています。

 

年収が高くても利用限度額の上限を借りられることはありません。

 

取引を重ねて信頼度が増していけば、徐々に利用限度額が増額されていくのです。

 

カードローンを利用してコツコツと遅れることなく返済を重ねていく人は利用限度額の増額がスムーズに行われていくでしょう。

 

返済が遅れがちになるような人は増額を希望してもなかなか思い通りにはいきません(^^;)

 

ただし法律上の上限金額というものもありますから、いくらでも借り入れ額を増額してくれるということはありませんよ!