土日に借りるということは、それだけ選択肢が少なくなるということ

お金が突然必要になるということは、曜日は関係ありません。

 

なにか特別なことができてしまったからこそ足りなくなります。

 

週明けにお金が必要になるとしたら、土日に用意しなければいけないことも出てきます。

 

金融機関も土日は休みになっていることが多いため、借りたくても借りられない場合もあるでしょう。

 

 

土日にお金が必要になった時

「利便性が高い=利用する人にとって都合が良い」

 

とも言えます。ということで考えた場合に都合が良いことのひとつに、”いつでも借りることができる”ということがあります。

 

曜日を問わず、土日でも借りられるというのはメリットといえるでしょう。

 

お金が必要な時はいつでもやってくるのですから、利便性の追求としては、大きなポイントになります。サービスを拡大して行けば、それだけ利用してくれる人が増えていくでしょう。

 

そこで、ほとんどのところで土日でも祝日でも利用ができるようになっています。これは、事前に枠があればということになるでしょう。

 

申し込みの場合には、すべてではありませんが、一部ではできるようになっています。

 

ただし、さまざまな条件があるため、確実にお金を借りることができるかどうかは、その人の状況によって異なりますので注意してください(^^;)

 

 

Webの活用と契約機

インターネットを利用する

土日に申込する方法として、まず重要なポイントになってくるのがインターネットを活用した方法でしょう。

 

基本的に24時間申し込みができるところが、利便性のポイントになってきます。

 

スマホや携帯でも申し込みができる方法で、Web内で完結させることができるため、非常に素早く申し込みをすることができます。

 

審査が受けられる時間は?

申し込みは24時間受付のところも多いのですが、審査に関してはすべての時間で対応しているわけではありません。

 

業者ごとに限られた時間の中で審査を受けること必要があったり、時間によっては融資を受けるまでに時間がかかることもあります(-_-;)

 

借入れするためには、特定の銀行口座を指定されることが多くなります。

 

利用条件としても定められていることが多くなりますが、こうした口座がなければ、振り込みを受けることができないことが出てくるため、事前に用意するなど確認しておきましょう。

 

自動契約機を利用する

最もシンプルな方法ともいえるのが、自動契約機を使う方法です。

 

この方法の場合、土日でも祝日でも、自動契約機さえ開いていれば利用できます。自動契約機の中にATMが設置されていることが多く、遅い時間でも利用することができるのです(^_-)-☆

 

もちろん、開いている時間であれば、審査も受けることができますし、契約書類も受け取れます。取引としては、最もスムーズに進めることができる方法であるといえるでしょう。

 

ただし、すべての契約機が動いているわけではないため、事前に調べておくほうが賢明です。

 

問題点とすれば、まず自動契約機がなければいけません。最近は台数も減ってきており、大きな幹線道路でも見かけることが少なくなっています。

 

申し込みの時間も、ある程度余裕を見なければいけません。仮に審査を受けることができても、長引いてしまう可能性もあります。

 

在籍確認の方法によっては、当日借りることができない恐れがあることも理解しておきましょう。

土日

 

自動契約機を使うことになるため、土日という時間を考えると、知り合いに見られてしまうリスクもゼロではありません(;´・ω・)

 

気になるのであれば、土日を避けるほうが賢明です。

 

時間が遅くなると、審査が完了しない可能性も出てくるため、誰にも知られたくないというのであれば、リスクを下げるためにも平日を選んでも良いでしょう!

 

 

在籍確認の問題と解決策

土日でも借りることはできますが、人によっては問題も出てくることがあります。

 

在籍確認

その中で、最大の問題となるのが在籍確認でしょう。自分が休みである可能性の高い土日の場合、企業としても休みになっていることが多くなるはずです。

 

当然のことですが、在籍確認をするために電話をかけても誰も電話に出ません。貸金業者であっても、在籍確認が取れなければお金を貸してはくれません。

 

これは信用調査の一環であり、提出した書類の内容が間違っていないのか確認できないからです。信用度合いを図ることができないのですから、融資をしてくれないのです。

 

しかし、あきらめることはありません。貸金業者もサービス業ですので、借りてもらうための方法を用意しています。

 

信用情報を確認することができれば問題はないため、他にも方法を決めているところがたくさんあります。

 

収入証明書類の提出

その方法のひとつが、以前は主流だった収入証明書類の提出です。たとえば、過去3カ月の給与明細書があればOKとしているところもあります。

 

これにより、在籍している確認も取れますし、少なくとも継続して勤務している証明にもなります。

 

さらに、給料から年収の証明もできるようになりますので、強い効果を持つ書類といえます。

 

ただし、今現在勤務しているかどうかを証明しにくいため、すべての金融機関が採用していないことはおさえておきましょう。また、どうしても借りなければいけないのであれば、早めに審査を受けるようにしておくことも大切です。

 

他にも有効な書類としては、健康保険証や社員証があります。

 

パスポートや運転免許証も顔写真がつく身分証明書ですが、これでは在籍確認ができません。

 

一緒に提出が求められることがありますが、こちらの理由は本人確認であり、在籍確認とは異なるので注意しましょう!

 

計画をしっかりと考えてから

土日祝では、基本的には銀行はお休みです。銀行系からの融資を受けるためには、土日祝を外し、審査を受ける必要があります。

 

時間を有効に使うということでは、月曜日に申請をすることが一番です。

 

ところが、銀行といっても、すべての銀行が実店舗を持つわけではありません。ネット銀行と呼ばれるところが増えてきているのは、サービスとしての利便性が高いためです。

 

さらに、実店舗を持つことによる経費を削減するという理由もあるでしょう。

土日

 

こうした銀行の中には、土日でも振り込みを受けられるところがあります(^_-)-☆審査自体は受けることができませんが、指定の銀行口座があれば、利用することができるのです。

 

銀行系の場合、金利も抑えることができます。総支払額も少なくすることができるのですから、事前に契約しておくというのも有効な方法ですね。

 

土日に借りるということは、それだけ選択肢が少なくなるということでもあります。

 

平日などであれば、金利の低いところや、借りやすい所などを考え、選択することができます。そのため、土日にお金を借りる場合にはこうした選択肢を狭めているという意識を持つことも大切です。

 

お金を借りる以上、返済する必要がでてきます。しっかりと返していくためには、金利が低いことや場所が近いことなど、さまざまな要因を考えていくべきです。

 

スマホを利用すればいつでもお金を借りることができますが、時間に余裕があるのであれば金利面の比較をしてなるべく生活にかかる負担を軽減していきましょう!