自分磨きにお金がかかる!

夜の仕事というと、高時給というイメージがあるでしょう。

ホステス2

 

確かに求人誌を見てみても、夜の仕事、いわゆる水商売の場合は、一般の仕事とは違って時給が高い傾向がみられます。

 

しかし、水商売の場合は借り入れが難しいということもあるようです(^_^;)では、夜の仕事の人がお金を借りるにはどうしたらよいでしょうか。

 

 

 

夜の仕事とは

いわゆる「水商売」と言われる夜の仕事ですが、その内容は細かく分かれています。

 

  • キャバクラ

一番メジャーなのはキャバクラでしょう。時間制の料金システムで多くの人が利用するキャバクラで接客をする商売です。

 

水商売の中でも気軽に働けるため、大変人気です。接客業にありがちなノルマもない店も多く、未経験者でも雇われやすい業種といえるでしょう。

 

店の単価はそれぞれかなりの差が出る場合がありますので、どこで働くかによって収入面では大きく変わることがありますが、基本的には高時給といえます。

 

  • ラウンジ

またキャバクラよりもキャストの年齢層が高めのお店としてラウンジがあります。

 

ラウンジはフリータイムのところも多く、その営業体系はオーナーによって変わりますが、キャバクラよりも時給は低めなことが多いようです。

 

  • 高級クラブ

さらに高級クラブと呼ばれるところは、キャバクラなどとは全く雰囲気の違う格式の高い店の雰囲気が特徴です。

 

高級クラブで働く場合、自分のお客さんが付くまでは日給でも2万円ほどのことがほとんどです。

 

ただし、自分おお客さんが付くようになるとかなりの時給が期待でき、収入面では水商売の中でもトップクラスになることもあり得ます。

 

  • ホストクラブ

同じように男性の場合ではホストクラブで働く方も大勢います。

 

ホストクラブの場合も、最初のうちはそれほど稼ぐことはできないかもしれませんが、人気が出てくると高時給で働くことも可能です。

 

 

高時給でも水商売にはお金がかかる?

高時給のためにたくさん稼げて経済的な問題はほとんどない、と思われがちな夜の仕事ですが、特に新人の頃にはお金がないことも少なくありません。

 

人気が出るためには、自分を磨かなければならないからです!コスメに多くのお金を使ったり、衣装代にお金がかかったりするからです。

 

ほとんどの場合、お店がそうした費用を出資してくれることはありません。新人でお金がなくても、自分への投資をしなければ人気は出ないのです。

ホステス

 

そのようなわけで、夜のお仕事をされている方でも、お金に困ることはあります(~_~;)

 

そして、借り入れをしないとどうしても必要な出費が賄えないということもあるでしょう。しかし夜の仕事の方は借り入れがしにくいということもあるのです。

 

理由は、収入の安定性です。

 

夜の仕事は、水商売ともいわれるように、明日どうなるかわからないような不安定な要素を持っているからです。

 

金融機関が重視するのは、月の稼ぎがいくらかというよりも安定してどれくらいの収入があるのかという点です。

 

ですから、ある月の収入が多いとしても、次の月にほとんど収入がなかったりすると、金融機関としては返済能力として問題があると判断するのです。

 

 

夜の仕事の方が借り入れをするには・・・

夜の仕事の方が借り入れをするには、まず収入の安定性を示すことが必要です。

 

ですから、少なくても半年から一年は同じ仕事を続けていることを証明する必要があります。

 

短期間でお店を何店舗か変えていると、同じ場所での就業が難しい人と判断され、いつ仕事を辞めて無職になってもおかしくない人として融資を渋られることもあり得ます。

 

ですから、まずは安定して同じ職場である程度の期間働いていることが一つの条件として見られる可能性が高いということを把握しておきましょう!
安定して高収入を得ている夜のお仕事の方は、キャッシングの限度額も高く設定できることがありますよ。

 

 

審査で見られること

審査を通って初めて融資をうけることができますが、審査に通らなければなりません。

 

返済能力があるかどうか

返済能力は収入が安定しているかどうかですので、正社員として働いているのか、アルバイトやパートで働いているのかなどはあまり問題になりません。

 

もちろん、高額なローンを銀行で組もうとする場合は正社員でないと審査が通らないこともありますが、消費者金融や銀行のカードローンのレベルであれば雇用体系がさほど重視されることはないでしょう。

 

これまでに融資を受けたことがあるかどうか

これまでに融資を受けたことがあるかどうかも信用情報の一つとして見られます。

 

もし、すでにほかの金融機関からの融資を受けている状態の場合、返済が難しくなる可能性があると判断され審査が通らないこともあり得ます。

 

これまでの返済履歴の中で滞納などが常習的になされていたことが発覚すると、回収が難しいと判断されて融資が行われない場合もありますね。

 

金融機関としては、十分に返済能力があるものと判断したうえでお金を貸したいと思うのは当然ですよね(~_~;)

 

 

在籍確認について

また、審査のうえで在籍確認があることも覚えておきましょう!

 

あくまでも審査する人の印象の問題ではありますが、申し込み用紙に明らかにキャバクラや風俗店とわかるようなお店の名前を記入してしまうと、審査上問題視される可能性もあるといわれています。

 

ですから、あくまでも経営している親企業の名前にするなどした方が良いかもしれません。

 

もしも親企業では在籍確認が難しい場合は、お店の名前も添えて記入し、連絡先をお店の電話番号にしておきましょう。

 

お店の側にも在籍確認がされる可能性があることをひとこと話しておくとスムーズに借り入れできる可能性が高まるでしょう。

 

お金を借りる際に基本的なのは、正直に申告するということです。

禁止

 

夜の仕事のために審査が通りにくいと勝手に判断して、偽装会社を利用する方もいますがそうした行為は絶対にやめましょう。

 

偽装会社というのは、架空会社から偽物の給料明細や源泉徴収を発行する会社で、審査を有利に進めるように助ける可能なような宣伝をしていることもあります。

 

しかし、こうした偽装会社を利用することは違法行為です。そうした違法行為が発覚した場合は、キャッシングなどの審査も当然落ちますし、法律にも違反しているので詐欺罪に問われる可能性すら高まります。

 

また、そうした審査上の問題があると、今後の融資の申し込みの際にも問題視されますので、一度の軽率な行為がその後何年も融資を難しくさせるということを覚えておきましょう。

 

 

レディースキャッシング

また、夜のお仕事をされている方の中には、女性も多いことでしょう。そのような方には、女性が借りやすいレディースキャッシングの利用もお勧めです。

 

レディースキャッシングは専用のダイヤルが用意されています。女性のオペレーターしかいませんので、男性を相手に気まずくなることもないでしょう。

 

使用目的などを聞かれることもありますので、男性オペレーターには言いにくいことも、ストレスなく答えることができるはずです。

 

また、返済に関する相談にも丁寧に対応してくれますので、女性の方には特にお勧めしたいサービスです(*^^)v

 

 

このように、夜のお仕事をしていたとしても、就業実績がある程度の期間あれば、返済能力には問題ないとみなされて、キャッシングには問題がないことが少なくありません。

 

急な出費がある場合には、即日で融資してくれる消費者金融も多くありますので、計画的な返済ができるよう前もって考えた上で上手に活用していきましょう。

 

もちろん、金融機関によって金利や借り入れの限度額も変わりますので、複数の会社を比べてみることをお勧めします♪