アルバイト

友達の結婚祝いや、親族のお見舞いの時など、何かと出費の多くなる出来事というのはたびたび生じます。

 

バイト2

そのような時に貯金がない場合や、生活費でいっぱいいっぱいの場合、お金を工面するのは難しいですよね・・・

 

そのような時に役に立つのが、銀行などの金融機関や消費者金融からの借り入れです。

 

とはいえ、ローンといえば厳しい審査があるものです。もしもアルバイトでしか収入がない場合、お金を借りることはできるのでしょうか?

 

アルバイトの定義

アルバイトとは元々、ドイツ語で「勤労」や「仕事」を意味する言葉から来た言葉です。

 

何かの片手間で仕事をする人たちのことを指す言葉として、日本では使われ始めました。

 

使い始めのきっかけとしては、”学生たちが学業の傍らで仕事をすること”を指して用いられていました。

 

今でも学業の傍ら仕事をする人として使われ方をすることが少なくありません。

 

パートという言葉とも混同されがちですが、バイトという定義の背景にはこのような事情があったのです。

 

しかし、パートとどのように使い分けるかに関しての厳密な決まりはないため、現在ではあくまでも非正規雇用の従業員を指す言葉として定着しています。

 

 

アルバイトでもお金を借りることはできるのか

では、アルバイトでもお金を借りることはできるのでしょうか?

 

もし、バイトという言葉が使われ始めた当初の意味合い通りならば、学生さんの場合は、定期的に収入があったとしてもローンは組めない場合がほとんどです。

 

とはいえ、学生向きのクレジットカードなどが一部存在しているため、そうしたクレジットカードに加入してキャッシング枠を利用することはできるでしょう。

 

学生向けのクレジットカードは、親の経済力、返済能力がある意味で担保となっての発行となります。

 

また、社会人となっても「非正規雇用」の従業員という意味でのアルバイトであるなら、カードローンは比較的簡単に審査が通ることがほとんどです。

 

金融機関の中でも特に消費者金融は、正社員として定職についているかどうかよりも、定期的に安定した収入があるかというところを重視します。

 

ですので、非正規雇用雇用であったとしても問題ないことがほとんどなのです。

 

いざというときには銀行のカードローンも審査が通るかもしれませんし、消費者金融であればほぼ間違いなく通るといえるでしょう(^_-)-☆

バイト

 

アルバイトの場合、あまり貯金ができないままの状態が続き、急な出費に対処できないことが多々あるでしょう。

 

そのような時にカードローンは簡単な審査で、簡単に借り入れを行うことができるようになります☆

 

急な出費に備えて一枚カードを作っておいてもよいでしょう(^^)/

 

その際には、金融機関をいくつか検討して、金利のできるだけ安いところや、お得なキャンペーンなどを行っているところを選びましょう!

 

また銀行のカードローンであれば、地元に密着した銀行であればより便利に使える可能性が高まるかもしれません。

 

 

審査を受ける金融機関は慎重に選びましょう

アルバイトであったとしても、消費者金融や銀行のカードローンなどからお金を借りることのできる可能性は低くはありません。

 

その時に注意したいことを紹介しましょう!

 

審査を受ける金融機関は慎重に選びましょう

しかし、もし審査を落とされるようなことがあれば、信用情報に傷がついてしまう可能性があります(;_;)

 

信用情報というのは、金融機関で共有している個人情報のことで、別の金融機関で審査を行う場合でも過去の履歴が参照されるケースがあります。

 

ですから、もし一度でも審査が落とされた記録が残っていると、その後のローンにも影響を与えてしまいかねません。

 

ですので、最初の審査から金融機関は確実に審査が通るように慎重に選ばなければなりません!

 

とはいえ、最初に消費者金融で限度額を低く設定していれば、アルバイトでも定期的に収入がある場合審査に落ちるということはあまり考えられません。

 

銀行のカードローンでもアルバイトでも申し込みOKを謳っているところであれば、特に問題なく審査は通るはずです。

 

完済せずにほかで借りるのはやめよう

もし1社目での借り入れが、現在利用している金融機関の限度額がいっぱいで借り入れが難しくなってきたからといって、ほかの金融機関に申し込むことはやめましょう!

 

なぜなら、他社からすでに借り入れをしているという情報も金融機関同士で共有しているからです。

 

いくら順調に返済をしていたとしても、他社からの借り入れ分の完済がまだの人にさらに貸し付けることはやはり金融機関にとってもリスクが大きいということでしょう。

 

また、過去に一度でも返済において滞納をしたことがある場合も、審査が厳しくなる可能性があります。

 

引き落とし口座に入金し忘れて1度だけ滞納してしまったという程度であれば、特に問題視されないかもしれません。

 

しかし、かなり常習的に数回滞納を行ってしまうと、その返済態度も金融機関同士共有されてしまいます。

 

金融機関からすると、スムーズに回収ができないような人とはできれば契約をしたくないのです。

 

こうしたリスクの大きい顧客と思われないためにも、借り入れをした際にはスムーズに返済できるようしっかりと計画しましょう!

 

一度に多数のカードローンを申し込むことはやめよう

一度に多数のカードローンを申し込むことはやめましょう(`・ω・´)一度に数社を申し込んでいることも金融機関には情報が伝わってしまいます。

 

それほどたくさんの金融機関からお金を借りようとしているアルバイトの人が本当に返済能力が問題ないのか?と思われるのも無理はない話でしょう。

 

ですから、申し込みの際にはよく選んで、できれな最初の申し込みから審査が余裕で通りそうな金融機関が良いかもしれません。

 

また、滑り止めの気持ちで複数のカードローンに同時に申し込みをすることも控えましょう・・・。

 

リボ払いを安易に利用しない

ローンを組む際に大切なのは、いくらの限度額にするかではなく、どのように返済するかです。

 

よく、リボ払いへの変更をしないかと案内がありますよね。

 

リボ払いは”毎月定額の支払額に固定して返済していくシステム”なので、毎月の支出が管理しやすく計画しやすい支払い形態と思われるかもしれません。

 

しかし、実際には高金利で、なかなか元本が減らず、ただ返済期間だけが長く続いてしまうという事態にもなりかねません(^^;)

 

そうなると、結局トータルとして通常の支払い方法と比べて大きな利子がついてしまっているかもしれません。

 

ですから、返済計画を立てる際には、安易に月々の返済のしやすさだけを重視するのではなく、返済のトータルの期間としてどれくらいの金利を払うのかもしっかりと計算しておきましょう!

 

こうした計画的な使い方ができれば、カードローンは本当に役立つサービスといえますよ!

 

 

学生ではない方でアルバイトであっても、定期的な収入があり、なおかつ1年以上の勤続年数があるのであれば、比較的審査は通りやすい状況といえるでしょう。

 

さらに学生さんであってもアルバイトでの収入がある場合、即日で融資可能な消費者金融も存在します。

 

自動契約機を利用すれば、すべてがその自動契約機での手続きで済みますし、Webであらかじめ申し込みを済ませておくこともできます♪

 

郵送物が家に届いて家族にばれてしまうという危険を冒したくない方は、すべてWebだけで手続きができるような金融機関を探しましょう!

 

計画的な利用を大前提に、自分に合った金融機関を見つけましょう。