お金を借りる前に!

生活していたら、急な入用などで今すぐにお金が必要。でも手持ち金がないから借りなければ…といった事もあると思います。

 

こんな時、お金を借りる事が出来れば、とりあえずは一安心だと思いますが、誰でもお金を借りれると思ったら大間違いです!

 

お金を借りようと思っているあなた!ちょっと待ってください。本当に借りても大丈夫ですか?

 

お金を借りる時に重要な事

『お金を借りる=借りたお金を返す』

 

といった事を、お金を借りる時は考えなければなりません。当然ですよね。

 

でも、お金に困っている時って、返すことまで考えれていない方が多い気がします。なので、お金を借りる時こそ、私はお金を借りても大丈夫なのか?ダメなのか?といった事を冷静に考えてみるべきです。

 

そこで、どういった方がお金を借りてもいいのか?逆にお金を借りてはダメなのはどのような方になるのか教えます。

 

お金を借りる前に、どちらなのか?しっかりと判断してみて下さい('ω')ノ

 

≫急ぎで借りたい方はアコム公式サイトへ

お金を借りてもいい人・ダメな人

◎お金を借りてもいい人

返済プランを立てて、しっかりとお金を返すことが出来る方

答えは簡単です。お金を借りてもいい人は、単純にしっかりと借りたお金を返済できる方になります。お仕事をされていて、安定した収入がある。返済プランをしっかりと立て、遅れずにお金を返すことが出来る、といった方は借りてもいいと思います。
返済にちょっとでも不安があるといった方は、お金を借りる前にしっかりと考えてから借りるようにしましょう。
・お仕事をされている方(正社員・自営業・派遣社員・アルバイト・パートなど)
・借金の無い方、返済に困らない方

 

 

×お金を借りたらダメな人

返す気がない

問題外です…。絶対に借りてはいけない人です。
お金を返す気がないのに借りるなんて、絶対NGです。返す気がない方がお金を借りるというのは、ある意味詐欺でもありますよね。
最初から返す気がないんですから。このような方は絶対に借りてはいけません!

 

収入が無い

お仕事をされてなく、収入が無い無職の方も借りるべきではありません。収入が無ければ返すことが出来ないですからね。まず、お仕事を探すべきです。
ちなみに、アルバイトやパートなど少ないかもしれないけど、収入があるという方は、お金を借りてもいいと思います。ただし、借入額には注意しなければなりません。
自身の収入に合ったお金を借りるようにしましょう。

 

未成年者

学生など未成年者もお金を借りるのは良くないですね。そもそも、銀行など未成年者にお金を貸すといった所も少ないと思います。中学生・高校生の方はまず借りる事が出来ません。
大学生や専門学生の方は、アルバイトなどをしていて収入があれば借りる事が出来るかもしれないですが、18歳・19歳と未成年の方は難しいかもしれないです。
未成年者でお金に困っている方は、まず親に相談してみるのが一番だと思います。困ったからといって、友人に借りる事はしないように!お金の貸し借りはトラブルの元です。友達関係が終わってしまう可能性もありますよ。

 

すでに多くの借金がある

消費者金融や銀行など複数の金融機関からお金を借りており、多くの借金が残っている方もお金を借りるのは難しいと思われます。もちろん現状の借入額や返済状況などによっては、多重債務者の方でも借りる事が出来ますが、審査はそれなりに厳しくなると思います。
現在借りているお金の返済が出来ない・遅れているといった場合だと、まず借りる事は出来ないと思います。このような場合は、これ以上借金を増やさず、今後どうすればいいか弁護士や司法書士に相談するのがいいでしょう。

 

ブラックリスト掲載者

ブラックリスト掲載者の方も、お金を借りる事が出来ません。
過去・現在、借金を滞納しておりお金が返せていない、いわゆる金融事故を起こした方がブラックリストに掲載されると言われています。このような状況に一度でもなった事がある方は、新たにお金を借りるのは難しいと思った方がいいでしょう。
ブラックリストに一度掲載されると、少なくとも5年間はローンでお金を借りたり、クレジットカードを作ったりすることが出来ないと言われています。10年ぐらい前の話であれば、お金を借りる事も出来るかもしれないですが、それでもブラックリストに載った事がない方と比べたら、審査も厳しくなっているかもしれないですね。

 

嘘をつく人

お金を借りる時に嘘をつく人も借りてはダメです。お金の貸し借りは信用面が第一です。なので、ウソをついてお金を借りようとする方は借りてはダメです。
仮に、銀行や消費者金融などでお金を借りる場合、嘘の名義や連絡先・勤務先の情報を伝えてお金を借りようとしても、借りる事は出来ません。細かく調べるので、嘘は通用しないと思っていた方がいいですよ。

 

違法業者の利用

借りたらダメな人というか、絶対に借りてはいけない場所です。それは、俗にいう「闇金業者」と呼ばれる所です。なぜこのヤミ金から借りてはいけないのかといえば、とにかく金利があり得ないぐらい高いからです。
違法な金利請求をされるので、一度お金を借りるとビックリするぐらいのお金を返す羽目になります。「トイチ」なんで言葉がありますが、これは十日で一割の利息が発生するといった意味です。
仮に10万円借りたら、10日間で1万円の利息が必要になります。1か月だと3万円。はっきり言って、普通に考えたらあり得ない金利となっています。
結果的に、いつまでたっても返済できず、高額な利息分だけを支払い続ける…なんて事もあり得ます。また、支払えないと怖い人たちが取り立てに、なんて事もあるみたいです。
なので、絶対に闇金業者からはかりないようにしましょう!

お金を借りても良い方は、しっかりと返済できる方に限ります。もし、お金を返す自信がない方は、絶対に借りてはいけません。借りない事にはどうにもならない…といった事もあると思いますが、返せないお金を借りるのが一番ダメな事です。

 

結局は、後々困る事になるので、返済プランをしっかりと立ててから借りるようにしましょう。

 

上記の「お金を借りたらダメな人」に当てはまる方は、借りたらダメですよ!

 

どこでお金を借りるべき?

お金を借りるには、

・親、兄弟、親戚
・友人
・会社の同僚
・彼女、彼氏
・銀行、消費者金融などの金融機関

などといった借入先が考えられると思います。

 

親や兄弟など家族から借りれるのであれば、それが一番いい方法なのかな?とも思いますが、借入額や借入理由によっては借りづらい場合もあるかと思います。それに、大人になってからは借りづらい…といった事もあるでしょう。

 

また、友人や会社の同僚などから個人的に借りるといった事はあまりお勧めできません。やはり、個人でのお金の貸し借りはトラブルの元ですからね。彼氏、彼女に借りるのも同じです。

 

そうなると、銀行・消費者金融などの金融機関からお金を借りるのが最も賢い方法だと思います。金融機関はお金を貸すのが仕事なので、借りる側としても気を遣うという事もなく借りる事が出来ます。

 

また、早い所であれば即日融資も可能となっているので、今すぐにお金が必要といった場合でも借りる事が可能となっています。

 

各金融機関、カードローンといった商品を扱っているのでお金に困ったときはカードローンを利用してみるといいでしょう。

 

大手金融機関であれば、金利設定も低くなっており安心して借りる事が出来ますよ。個人間で借りるよりもトラブルなく安全に借りる事が出来るでしょう。

 

銀行・消費者金融のカードローン一覧
  カードローン 金利 即日融資 専業主婦 学生 公式サイト
アコム 3.0%〜18.0% × ≫公式サイトへ
みずほ銀行 3.0%〜7.0%(※1) ≫公式サイトへ
モビット 3.0%〜18.0% × ≫公式サイトへ
住信SBIネット銀行 0.99%〜7.99%(※2) × × ≫公式サイトへ
横浜銀行 1.9%〜14.6% × ≫公式サイトへ
- じぶん銀行 2.2%〜17.5% ≫公式サイトへ
- 千葉銀行 4.3%〜14.8% ≫公式サイトへ
- スルガ銀行 3.9%〜14.9% × ≫公式サイトへ

(※1…エグゼクティブプラン適用時)
(※2…プレミアムコース適用時)

 

 

カードローンの利点
急ぎの時でも安心!

早い所であれば、申込から最短1時間ほどでお金を借りる事が可能となっています。なかでも『アコム』『プロミス』『モビット』などのカードローンは、審査時間もスピーディーとなっており、急ぎの方にお勧めです。
今すぐに借りたい!といった場合は、アコム・プロミスなどに申込するといいですよ。

 

学生・専業主婦でもOK!

カードローンは、アルバイトなど収入の少ない学生さん、お仕事をされていない専業主婦の方でも利用する事が可能となっています。全部の金融機関カードローンで対応といった訳ではないんですが、学生・専業主婦対応のカードローンもいくつかあるので、学生・専業主婦の方はこちらに申込してみるといいですよ。(※上記の表を参照に)

 

来店不要で借りれる!

最近は便利な世の中になり、銀行や消費者金融機関の店舗にわざわざ足を運ばなくても、お金を借りる事が可能となっています。パソコンやスマホから24時間いつでも申込する事ができ、自宅にいながら契約する事が出来ますよ。契約後は銀行口座に振込してもらう事も出来るので、来店する必要は一切ありません。

 

誰にもバレずに借りれる!

お金を借りる事は、出来れば…というか、絶対に周りには知られたくない事だと思います。カードローンの場合は、プライバシー面も考慮してくれるので、申込者以外の方に知られるという事はありません。
もちろん、親など家族の方に連絡が入る事もないので、絶対に内緒で借りたいといった方でも安心ですね。

 

コンビニ対応!

カードローンを作っておくと、「ローソン・セブンイレブン・フォミリーマート・ミニストップ」などのコンビニATMで、24時間いつでもお金を借りる事が可能となります。急な出費など、突然お金が必要となった時もカードローンがあれば便利ですよね。
借りるだけでなく、返済もコンビニのATMから行う事が出来ますよ。

 

土日祝日も借りれる!

アコムやプロミス、モビットのカードローンであれば、土日祝日などでも申込から契約まですることができ、お金を借りる事が可能となっています。土日祝日の場合は、ネット申込み後(審査完了後)に駅前などにある自動契約機でローンカードを発行します。
ローンカード発行完了できれば、その日のうちからお金を借りる事が出来ますよ。

 

 

カードローンQ&A

過払い請求した事あるけど借りれるの?

過去に、過払い金請求をした事がある(グレーゾーン金利の影響で、多めに支払っていた利息分を金融機関に請求)、という方もいらっしゃると思います。

 

この、過払い金請求をした事がある方は、お金を借りる事が出来ないのでは?って思っている方が多いみたいです。

 

多く払っていた利息を返してもらっただけなので、決して悪い事ではないんですが、なんかイメージ的には借りれないのでは?って考えてしまうんですよね。

 

でも、実際のところは問題なく借りる事が出来ますよ。過払い金請求は悪い事ではないですからね。

 

さすがに、過去に過払い請求をした金融機関に申込するのはちょっと気まずいかもしれないですが、それでもこちら側は決して悪くないですからね。

 

なので、過去に過払い請求をした事があるといった方も安心して申込する事が出来ますよ。

 

クレジットカードのキャッシングとの違いは?

クレジットカードに付帯されているキャッシングと銀行や消費者金融機関から発行されているカードローンの違いになるんですが、基本はカードを使ってお金を借りる事に変わりはありません。

 

ただ、借入額や金利にちょっとした違いがあります。

 

クレジットカードの場合なんですが、あくまでメインはショッピング用のカードとなっています。なので、キャッシングで利用できる枠が少なくなっているケースが多いと思います。ショッピングでは50万円まで利用出来るけど、キャッシングは10万円までしかか利用できない等。

 

その点カードローンの場合は、お金を借りるだけのカードとなっているので、クレジットカードと比べると借入額も多くなる可能性があります。

 

また、金利面もカードローンの方が優遇されいる事のほうが多いので、お金を借りるのであればカードローンを利用する方がお勧めです。

 

クレジットカードを持っている方は、いざという時にお金も借りれるので便利かもしれないですが、金利面をの事を考えたら損をしてしまう可能性があるので、困ったときはカードローンに申込するといいですよ。即日中に契約可能なカードローンもあるので、急ぎの時でも借りる事ができますし。

 

返済できなかったらどうなる?

万が一、カードローンの返済が出来なかった場合どうなるのか?よく映画などで見るような感じで、怖い人が取り立てに来るのでは…。ってちょっと不安になりますよね。

 

でも、仮に返済が出来ない・遅れたとしても、怖い人が取り立てに来るような事はありません。なのでとりあえずは安心して大丈夫です。

 

ただ、だからといって返さないでもいいと言った訳ではないですよ!恐い人は来ないかもしれないですが、お金を返さなかったらそれなりの罰はあります。

 

まず、遅れた場合は延滞金の支払い請求がされます。こちらは通常の金利よりも高くなるので、返済が遅れてしまうと多くの利息分を支払わなければなりません。

 

それに、ブラックリストに掲載されてしまう可能性もあります。ブラックリストに載ってしまうと、今後お金を借りる事が出来なくなります。現在使っているカードローンだけでなく、他のカードローンもそうですし、自動車ローンや住宅ローン・クレジットカードの発行なども出来なくなります。

 

一度ブラックリストに載ってしまうと、最低でも5年以上は情報が消える事がないと言われているので、5年はお金を借りる事が出来ません。5年ぐらい…って思うかもしれないですが、その間一切ローン利用など出来なくなるので、本当に不便です。

 

なので、返済は遅れずに返していくことが大事なんです。

 

絶対に審査に通る方法は?

はっきり言えば、絶対に審査に通る方法なんていうのはありません。いくら収入が多くあったとしても、絶対に審査に通るとは言い切れません。

 

審査に関しては、各金融機関の細かい審査内容によって通るか通らないかが決まると思います。すなわち、申込してみない事にはどうなるかなんて分からないんです。

 

たまに、「極甘審査」「誰でも審査に通る」「来店即借入OK」なんて書かれた広告チラシを目にしますが、こういった金融機関はおそらく違法な金融機関だと思った方が間違いないです。

 

銀行や消費者金融など大手の金融機関は、このような言葉を述べる事は絶対にありません。なので、審査が甘い・誰でも借りれる、などといった言葉を使う金融機関からは絶対に借りないようにするべきです。

 

仮に、簡単に借りる事が出来たとしても、違法な金利を請求されたりするなど後々痛い目に合ってしまう可能性がありますよ。

 

お金を借りる前に知っておく事

お金を借りる目的

お金を借りるということは、何か目的があるはずです。お金を借りなければいけなくなった原因と言い換えることもできるでしょう。この目的をはっきりさせることは、とても重要なことです。

 

たとえば、生活費が足りなくなって、どうしても工面しなければいけないこともあると思います。食費にも困ってしまうというようなことも、生活していれば起きる可能性はあります。

 

急な出費に見舞われて、どうしてもお金を使わなければならなくなり、補てんする方法を考えなければいけないというものあるでしょう。

 

不幸ができてしまい、出費が間に合わないということも考えられます。このような目的で、お金を借りる場合はどうすればいいのか?

 

自由に使える多目的ローン

フリーローン・カードローンと呼ばれる多目的ローンは、借入目的が自由となっています。

 

例えば、急な出費でお金が必要・生活費が足りない等、さまざまな目的でお金を借りる事が出来るんです。

 

わざわざ、どのような目的で利用するといった事を伝える必要もなく借りる事が可能となっています。

 

目的ローン

逆に目的を明確にして、その目的に対応した融資を受けるという方法もあります。

 

車を購入するためや家を建てるため、購入するためということがよく知られた融資の形でしょう。これを一般的に目的ローンと呼びます。

 

マイカーローンや住宅ローン、教育ローンなどといったローンがそうです。

 

多目的ローンとはとは違い、目的以外のものには使う事が出来ません。例えば、マイカーローンであれば車の購入など、車に関する事でしか利用する事が出来ません。

このように、ローンにもいくつかの種類があるので、お金を借りる場合はどういった理由・目的で借りるのかをしっかりと分かったうえで借りるようにしましょう。

 

信用があって初めて成り立つ意味

自分がお金を貸すということを考えた場合、相手が本当に借りたい状況で、それを説明してくれるからこそ、貸してもいいかと考えるはずです。

 

お金を借りるということは、信用で成り立っているということを忘れてはいけません。

 

信用で成り立つということは、裏切りを見つけた段階で成り立たなくなるということです。嘘をついている人間をだれが信用するのか、そのことを自身に問いかけるということは大事なことでしょう。

 

すなわち借入れをする場合の情報は、正しいものを伝えなければいけません。

 

当たり前のことですが、虚偽記載は相手をだましているからです。もし、情報が嘘だとわかったとしたら、信用は失墜し、すべて返してほしいといわれるかもしれません。お金を貸すということは、相手もそれ相応のリスクを抱えます。

うそ

 

そのリスクに対して、利息というものを支払うと考えなければいけないでしょう。リスクを高めてしまう行為は、それなりの報いを受けることを忘れるべきではないのです。

 

信用を得るためには、多くの情報を提示しなければいけません。相手は自分のことを知っているわけではないでしょう。最低限の情報は信用情報機関から得られます。ですが、本当に知りたい情報をすべて得られるわけではありません。

 

そこで、さまざまな書類として提出し信用を得られるようにするのです。お金を借りるということは、それだけ大変なことであり、信用してもらわなければいけないことだと考えるべきでしょう。

 

信用ということでは、自身に信用が足りない場合、他の人を間に入れることが必要になってきます。極端な考え方ですが、100円借りるというのであれば、返ってこなくても、そこまでリスクがあるわけではないでしょう。

 

一般的なレベルで考えれば、10分間の賃金にも満たない金額です。ところが、100万円だったらどうでしょうか。平均年収が350万円程度とするのであれば、1/3に相当するわけですから、4カ月もの労力を失うことになります。

 

返ってこなければ、あまりに大きなリスクとなるでしょう。そこで、保証人を求められることが出てくるのです。

 

保証人というものは、借入れの目的や性格によっても異なります。どんな金額でも保証人が必要となるわけではありません。金額によっても、目的によっても変わりますが、保証人とは一体何なのかということも知らなければいけないでしょう。

 

自分以外の人に頼むことになるのですから、了承を得なければいけません。了承を得ることになるのですから、なぜ保証人が必要なのかを説明しなければいけないでしょう。そして、保証人になるリスクは何かということを話さなければいけないのです。

 

ほとんどの人が、保証人と連帯保証人の違いを理解していません。リスクの大きさに大きな違いがあり、依頼する人に大きな負担を掛けることにもつながるのです。知らないということが、どれだけ危険なのかということも知るべきでしょう。

 

金額が少ない場合や信用がある場合では、保証人をとらないという借入れもあります。保証人がなぜ必要なのかということがわかると、いらないという借入れの理由や内容が見えてくるようになります。

 

保証人なしということが、常に利用しやすいというわけではありません。貸してくれる相手の立場を考え、なぜ必要がないとするのか、お金を借りるのですから、そこまで考えていく必要があるのです。

 

手軽さが勘違いに

銀行や消費者金融など金融機関からお金を借りるの方法なんですが、最近は比較的簡単に申込する事が出来るようになったと思います。

 

スマホの普及で、携帯電話で簡単に申込みできるようになりました。もちろん、パソコンや店舗にいって借入する方法はありますが、スピードを重視するのであれば、スマホを使った申込が一番早いでしょう。

 

早期に借入れできるということは便利なことなんですが、その反面危険と感じる事もあります。それは、まるで自分の貯蓄のように借りられてしまうと勘違いしてしまうことです。

 

本来であれば自分の中で借りるべきか、借りずに何とかできないのか、問いかける場面があるはずですが、手軽に借りれるようになる分だけ、このように考える時間がありません。

 

素早く借り入れられるという反面で、自制心に訴えるブレーキもなくなってしまうのです。

 

なのでお金を借りる時は、素早いだけではなく、問題もあるということをよく知ることが大切でしょう。そのうえで、お金を借りることを考えられれば、返済に困るようなことも減らすことができます。

 

例えば、審査に通らないからといって、闇金と呼ばれるようなところから借入をするということは、驚くほどのリスクを抱えることになるでしょう。

 

本来なら、お金を借りることに対して自制心が働き、何とか方法はないかと模索します。

 

ところが、あまりに手軽に借り入れできるようになると、こうしたところも安全なのではと勘違いしてしまうのです。闇金が安全かどうかといえば、危険でしかありません。

 

その危険な臭いを手軽な方法が感じさせにくくしてしまっているという事も考えられます。

 

なので、お金を借りる時はまずは自分自身で本当に借りても大丈夫なのか?と自問自答でじっくり考える事が重要です。

 

しっかりと考えたうえで借りれば、返済に困るような事も無くなると思います。

 

 

まとめ

借金をする、お金を借りる、融資を受ける、どんな言葉を使っても、大きな違いはありません。だれから借りても、返済の義務がついてきます。返済できないような状況で、お金は借りるべきではないことは間違いのないことです。

 

だからといって、お金を借りることが悪いことではありません。返済方法を考え、返済できる状況を作りさえすれば、借りることは問題がありません。もちろん、必要になる目的があるからであり、他の方法で借りずに済むのであれば、そちらを模索するべきでしょう。

まとめ

 

お金を借りる以上、利息の支払いも必要になってくるからです。借りた金額以上に返済することになるのですから、返済は軽くはありません。必ず重くのしかかります。そのことを正確に理解していかなければいけないのです。

 

最近では、安易に借入れできるような状況になってきたと思います。ネットを使えば、今すぐにでも審査を受けることができる方法もありますし、ネットバンクを通じてすぐに借りることもできます。

 

コンビニATMを使えば、24時間引き出すこともできるのです。だからこそ、お金を借りるということをよく考えていかなければいけないといえるでしょう。

 

安易な行動によって、自己破産せざるを得ないような状況も出てきます。特にギャンブルによってお金を借りるようなことをすれば、自己破産すらできないことも出てくるのです。

 

周囲の人にも影響を与え、人生を変えてしまうようなことにもなりますので、借金の目的から返済、リスクに至るまでよく考え、借入れすることが重要なのです。